車を売るならどこがいいのかを正直に答えます。

車を売る人のイメージ画像
車を売る方法車の売却方法には、
・ディーラー等の販売店での下取り
・買取専門店での売却
・個人売買、オークションでの売却
など様々ありますが、

 

正直言って車を売るなら、買取に特化した「買取専門店」で売却すると一番高く売れます。
更に高く車を売るコツさらに言えば、「無料一括査定サイト」を活用し、複数の買取店に査定依頼をして最高値をつけてくれた業者に売却することで最も高く売ることが可能になります。
今すぐズバットへ無料一括査定で高く売るならコチラ
(※本当に高く売れてしまう可能性があるので、最安値で乗り替えしたい方以外は絶対にクリックしないでください。)

車を売るならなんで買取店がいいの?

買取で車を売る理由車を売る方法はたくさんあるのに、どうして「買取店」が良いと言えるの?

 

買取で車を売る理由1単純に買取のプロだからです。
「餅は餅屋」ということわざがありますが、車を売るなら経験豊富でノウハウがある買取店に任せた方が高く売れる可能性は大きいと思いませんか?

 

ディーラーや販売店はあくまで”新車や中古車をお客に売る”ことで利益を得るのが主ですが、
買取店の場合純粋に”お客の車を買取”してそれをオークション等で売って利益を得ています。すなわち買取店はお客から仕入れが出来なければ商売が成り立たないわけですから、ディーラー等よりも”買取”に命を懸けて当然。

 

下取りよりも査定額が安ければ誰もわざわざ買取店なんて利用しませんからね。

 

車を売るなら買取店の画像

 

買取で車を売る理由2具体的にいうと買取店が高く売れる大きな理由は下記の通りです↓

<買取店だと高く売れる5つの理由>

 

@買取のプロが査定

⇒経験豊富なプロの査定士が細かいところまでしっかり査定してくれる。
A豊富な流通ルートがあるのでどんな車でも高く売れやすい。
⇒独自の販売ルートを持っている
Bプラス査定に前向き
⇒人気車や希少車を加味してくれる。また、ドレスアップパーツやナビなどを評価してくれる。
C他社との比較が容易にできるので高値が出やすい。
⇒競合店が多いので比較がしやすい。
D無駄を省いて高く買取
⇒買取した車をすぐにオークション等に転売する為、無駄がない分高く買取出来る。

20万円損するかもしれない

20万円損するかもしれない画像

買取で車を売る理由2そんなに買取店が良いのなら一括査定なんて必要?
査定額なんて大して変わらないのでは?

 

いいえ、そんなことは決してありません。
車種や状態によって変わってきますが20万円以上差がつくことも珍しくありません。
なぜなら買取店と一言でいってもそれぞれ特徴が異なるからです。

査定額が違う理由1同じ車種でもその車を得意としている業者もいれば、それを苦手とする業者がいるから。
査定額が違う理由2各社独自の販売ルートを持っており、国外に輸出する業者もいれば、国内で幅広いネットワークを持つ業者がいるから
査定額が違う理由3各社の査定基準がバラバラだから

 

買取店がいい理由3だからこそ一括査定なのです。

 

複数の買取店から査定を受けなければ、愛車の本当の最高額は引き出せない!これが真実です。

 

もちろんケースバイケースで状況は変わりますが、買取店の相見積もりこそが高値売却には絶対条件。
買取で車を売る理由4事実、一括査定で査定を受けた方はこのような結果を得ています↓
車買取一括査定の事例画像

 

このように、一括査定を受けるだけで車種・状態によっては20万円以上高く売れるわけですから、”逆にいうと一括査定を使わなければ20万円損する可能性もある”ということです。

 

これは決して脅しとか煽りではなく、明白な事実なのです。
一括無料査定の詳細はコチラ

高く車を売るなら”下取り”はダメすぎる

下取りはダメな理由の画像

下取りダメ1次の車を購入する販売店の下取りではダメなの?

 

下取りがダメな理由2正直言ってダメです。安すぎます。
車を買い替える際にほとんどの方が”下取り”を利用して今の車を売るのですが、それは非常にもったいないです。

 

なぜなら下記のような理由があるからです↓

@販売店は車の販売が専門
⇒買取に関しては詳しいノウハウを持っていないことが多い。
Aそもそも販売店にはプロの査定士がいない場合が多い
⇒細部までしっかり査定してくれないのでドレスアップや特別オプションのプラス査定が少ない。
B他社との査定額が比較がしにくい。
⇒買取と違い気軽に比較がしにくい。
C中古車市場の動向が加味されにくい。
⇒各社の評価基準に沿って査定される場合が多いので人気車でもプラスになりにくい。

このように買取とは真逆の性質を持っているので、当然のごとく高く売れるはずがないです。(※車種や状態による)

 

下取りはあくまで、次の車を買ってもらうためのセールスの材料にしか過ぎません。ですが多くの人が車を売ることよりも「早く次の車を買いたい!!」という願望の方が強く、たとえ下取り価格が低くても何も疑わないのです。

 

しかし、ここまで読み進めてくれた貴方は違います。

 

目先の欲望よりも、「愛車を少しでも高く売って、安く次の車を乗りたい!」という感情の方が強いはず。
賢い人は、車を売るときは一括査定の一択ですからね。
(猛者はネットオークションなどで個人売買しますが、リスクが高いので素人にはおススメしません・・・)
一括無料査定の詳細はコチラ

 

下取り裏話下取り裏話「販売店の営業マンは下取りする気なし!?」
一般にはあまり知られてない話ですが、実は車の販売店の営業マンは例えいくらお客の車を多く下取りしたとしても、それは自分の実績になりません。
下取り車を多くとっても、それらに関する管理費や展示スペースのの確保が必要ですし、業者オークションに出すにしても人件費等が掛かりますので、そこに労力を割くよりはもっと新車、中古車を売ったほうが割に合うのです。

 

ですので、わざわざ頑張って下取りしようとしないですし、むしろ最近では営業マンのほうから「買取店で売ったほうが高く売れますよ!」と言うことも決して珍しくありません。

 

先ほども言いましたが、販売店の営業マンにとって下取りというのは、車を買ってもらう口実・セールスでしかないのが実情です・・・

ここまで分かっていてもみんな下取りを使う・・・

それでも下取りを使う画像

 

ここまで下取りがダメな理由、を話しても、おそらくは8割の人は下取りを利用すると思います。

 

なぜなら、買取と違って下取りは買うお店と売るお店が一緒なワケですから、手続きも楽ですし、車もお得に買えてしまうと感じる方も多いからです。

 

損する車を売る考え方それこそが、20万円損するかもしれない考え方です。

 

ちなみに、当サイトで100名にアンケートを取ったところこのような結果が出ました↓
(アンケートサイトにて男女100名にアンケート)

下取りアンケート

 

これってある意味凄い結果です。

 

これだけTVCMやラジオ、新聞等のマスコミで車買取店の宣伝広告があるにも関わらず、まだ8割の方が下取りを利用しているのです。
下取りの方が高く売れる場合もあるので一概には言えませんが、言い方を変えれば約8割の方が損をしているといっても大げさではないと思います。

 

この結果を見て、「んじゃ、私も下取りでいいや〜」と思うのはそれぞれの自由ですが、貴方の少しの勇気と、ちょっと労力で買取店から査定を受けるだけで数万円から数十万円得する事も出来るのです。

 

例えば、下取りよりも買取店の方が10万円高かったとして、その10万円を得るにはどのくらいの労力が掛かりますか?
何時間も残業するかまたはコツコツと節約する方法がほとんどだと思います。
(または、不要品を売るとか・・・?)

 

10万円を得る労力っていうのは半端じゃないです。それが例え5万円とか3万円だとしてもです。
それに比べて、買取店から査定を受ける手間なんて約1日、多くても2,3日程度。
それで数万円も得することが出来るのなら、安いものではないでしょうか?

 

その手間をどう考えるかはあなた次第ですが、事実下取りと一括査定での買取を比較すると実際にこのくらいの差が出る場合があります↓

 

車買取一括査定の事例画像2
下取りで売るということ1これを見ても、まだ下取りで数十万円をドブに捨てる気ですか?

 

一括無料査定の詳細はコチラ

 

※ただし、過走行車(15万キロ以上)、20年以上前の車、大きな修復歴がある車などは買取よりも下取りの方が高く売却できる可能性はあります。そのような場合は「下取りと買取」を比較することで確実に高く売ることが出来ます。

次の車を安く買う事が出来る

次の車を安く買うことが出来るイメージ画像

 

一括査定で高く車を売ることができれば、次の車を安く買うことが出来るのはもちろんのこと。下記のような多くのメリットを得ることが出来ます。

・次の車をランクアップできるかもしれません。
・次の車の支払いをローンとお考えならば、高く売れた分ローンの利息を減らすことが出来ます。
・次の車の頭金を増やすことが出来ます。
・高く売れた分家計の負担が減り、奥さん・旦那さんに喜ばれます。
・次の車が中古車の場合は、高く売れた分故障リスクの低い状態のいい車に乗ることが出来ます。
・次の車が新車の場合は、面倒な値引き交渉を執拗にする手間や時間が省けます。

・・・と挙げたらきりがないほどメリットがあります。

 

下取りがダメな方逆に一括査定を利用しないほうがいいという方

・安くてもいいから楽に売りたい方
・買取店とのやり取りが面倒な方

とにかく面倒は嫌だ!安くてもいいから早く次の車が欲しい方は下取りの方がいいですね。

 

※例え、低年式車や不人気車種、事故車、修復歴ありの車でも場合によっては下取りよりも高く売れる可能性があるので、1000円でも高く売りたいのであれば一度買取店から査定を受けるべきです。

一括査定サイトの「失敗しない選び方」

一括査定サイトの選び方のイメージ画像

 

一括査定サイトの失敗しない選び方一括無料査定のサイトって色々あるけどどれを選べばいいの?

そんな時は下記の3つの点を重視してサイト選びをすれば失敗することはありません。

 

@登録業者聞いたことがある業者が多数いれば◎
A参加業者数50社以上いれば◎
B最大同時見積もり数10社以上であれば◎

この3つをクリアしていれば、その一括査定サイトは有名企業が運営していることがほとんどですから、安心して利用していいでしょう。

 

3つの買取店条件ちなみに、この3つの条件を満たしたサイトがコチラです↓

高く売るためのチョイ技

一括査定で高値の出し方を知っている賢い方は、「一括査定サイトの複数申し込み」を行っている場合があります。

 

なぜなら、サイトによって参加してる会社が違うので、複数のサイトに見積もり依頼しておけばより多くの様々な買取店から査定を受けることが出来るからです。

 

特に地方にお住いの方はサイトによっては加盟業者が少ない場合があるので、複数サイトを活用しないと一括査定の恩恵を最大限受けることができません。

よくある一括査定Q&A

一括査定に申し込みをすると何十社からも連絡が来て大変なのでは?

電話が大変な画像

 

実はそうでもありません。
一括査定サイトに申し込むと、何十社以上から電話の嵐で対応が大変・・・というイメージがありがちですが、例え一括査定サイトを3つ申し込んだとしても何十社からも連絡が来ることはほぼないと思ったほうがいいです。

 

来たとしても最高8社ぐらいが平均。地方の方となるともう少し少ないと考えていいです。また、車種によっても興味がある業者しか連絡をしてこない場合もあります。

 

代車がないと次の車が納車されるまで困ります・・

代車がなくて困っている画像

 

無料代車サービスがあります。
電車やバスの交通の便がいい都心部では代車がなくてもさほど問題ありませんが、田舎の車社会では1日でも車がないのは大ダメージとなり通勤・通学・買い物等が出来なくなる可能性があります。しかし現在ではユーザーのニーズに答えて、ほとんどの買取店で無料代車サービスを行っています。但し、店舗によって対応が変わってくるので査定前に必ず代車が必要な旨を伝えておきましょう。

 

しつこいセールスが心配です・・

セールスがしつこくて困っている画像

 

申し込み停止連絡フォームがあります。
各一括査定サイトには電話連絡停止フォームや、査定申し込み停止フォームが設置されておりしつこいセールスをきっぱり断れない方でも、ネット上で連絡するだけで買取店からの連絡を停止することが出来ます。

 

売却しなくなったのにも関わらずしつこく連絡してくる場合などに活用できるので安心です。
特にセールスをはっきり断れない方には非常に心強いサービスです。
(※かんたん車査定ガイドズバット車買取比較のみ対応。)

 

近所の目があるので自宅での査定は嫌なのですが・・・

近所の目が気になり困っている画像

 

査定はどこでも大丈夫です。
賃貸で駐車場が狭い、近所に知られたくないなど自宅での実車査定がNGの場合は、業者にその旨を伝えればどこでもOKです。例えば近所の大型スーパーや公園の駐車場などでも問題ありません。

 

メールだけで査定額をとりあえず知りたいんですが・・・

メールだけで査定額を知りたい画像

 

すいません・・・それは不可能です。
一括査定に申し込んで、とりあえず愛車の査定額をメールで知ろうと思ってもそれは出来ません。一括査定申し込み後一応業者からメールは来ますが、「詳しい査定額は実際に査定を行わないとわかりません」などと記載されていることが多いです。

 

稀にメールだけで概算価格を教えてくれる業者もありますが買取店からの連絡は基本は電話と考えてください。

愛車の現在の大体の査定額をすぐ知りたいなら・・・

概算価格を知るなら「かんたん車査定ガイド」

 

 

かんたん車査定ガイドのサムネイル画像

申し込み簡単!概算価格が分かる!

 

このサイトの特徴は、申し込みがとにかく簡単で、車の簡単な情報と住所などを入力するだけ。早ければ1分もあれば完了します。
また、申し込み後すぐに愛車の概算の価格がわかるので買取店から買い叩かれることを防ぐことができます。加盟業者はJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟しているガリバーやアップルなどの大手が中心に幅広くカバーされています。

登録業者数 最大同時見積もり数 運営会社

約50社

10社

エイチーム(一部上場企業)

(※申し込み停止連絡フォームあり。)

知名度・安心感で選ぶなら・・・

人気1で選ぶなら「ズバット車買取比較」

 

 

ズバット車買取比較のサムネイル画像

累計利用者数100万人突破の実績。

 

車一括査定サイトの老舗で、利用者が100万人突破している超有名サイトで、安心度が高く申し込みも簡単で初めてでも問題なし。加盟登録業者は211社と多く、大手はもちろんのこと特に地方の買取店も多数加盟しているのもポイント。
また、申し込み後愛車の大体の買取相場をWEB上で教えてくれるので非常に親切なサイトです。

登録業者数 最大同時見積もり数 運営会社

全国211社

10社

株式会社ウェブクルー

(※申し込み後買取店からの電話を止めたい場合、ネット上からズバットに連絡するだけで電話を停止出来ます。)

買取査定業者を自分で選ぶなら・・・

買取業者を自分でセレクト!「カーセンサー」

 

 

カーセンサーのサムネイル画像

圧倒的な買取店加盟数

 

中古車情報サイトでも有名なカーセンサーが運営するこのサイトは、なんと業者の加盟数が約3000社以上!他の一括査定サイトでカバーできない業者も多数いるのでより高額査定が望めますし、地方在住の方でも複数の業者から査定を受けられる可能性が高いです。
また、査定を受ける業者を自分で選択出来るので非常に安心で便利な所も強みです。

登録業者数 最大同時見積もり数 運営会社

約3000社以上

30社

リクルート社

※このボタンをクリックすると「カーセンサー.net」に飛びます。

 

最近は買取業者の競争が激しいです。

買取店の競争が激しい画像

 

最近では、買取を専門とする業者が非常に多くなってきており、競争が激化していて、お客を取るのに必死です。
それに加え、昨今の車離れが起因してさらに競争が増しています。

 

ある品物でライバル会社が多くなれば、自然と安売り合戦になることが多いですが、車の買取の場合はその逆でライバルが増えると買取額も高くなります。
ライバルに負けないように高値ギリギリの額を提示してくる業者もいます。

 

特に儲けが大きい人気車や高級車は是が非でも欲しいので、何が何でも買取にきます。

 

それとは違いディーラー等の下取りにはライバルはいません。
ディーラーはいかに車を売るかが専門で、下取りに関しては「いかに安く下取りするか?」を考えています。

 

それなのに、下取りを選んでしまい何十万も損するのはあまりにもったいないです。
たしかに、下取りよりも買取の方が手間は少々かかりますが、競争が激しい買取のほうで売却したほうが結果的に次の車も安く購入することが出来るのではないでしょうか。

当サイトの願いはあなたが損をしないこと

車を高く売る為に気合いを入れている画像

 

当サイトはの願いは、どんな手段であれ訪問者さまの大切な愛車が高く売れて損をしないことです。

 

愛車を高く売る方法として主に買取店による買取を勧めていますが、下取りや個人売買であっても損をしなければ何でもいいと思います。

 

あくまで当サイトは訪問者さまの「高く売ろう!」と思ってもらうキッカケにすぎません。

 

ほとんど方は次の車を買うことに夢中で、現在の愛車を売ることには無頓着の方が多いように感じます。

 

次の車の購入に関することも大事ですが、現在の愛車の売却はもっと大事です。

 

なぜなら売却額によっては、次の車の選択肢が増えたり、場合によってはオプションパーツの追加やドレスアップ費用の捻出、積雪がある地域ではスタッドレスタイヤの購入費用の捻出にも繋がるかもしれません。

 

もちろん、次の車のを安く買うことだって可能です。
(その他のメリットに関してはこのページの「次の車を安く買う事が出来る」をご覧ください。 )

 

車を高く売ることは予想以上にメリットが大きいです。

 

もちろん手間はかかります。
それはしょうがないです。お金をより多く手に入れようとするわけですから。

 

ここまで読んでいただいた方でも面倒で重い腰が上がらない方がほとんどだと思います。

 

”お金を失うことは簡単ですが、お金を得ることは簡単ではありません。”

 

これをどう感じるかはそれぞれ違うとは思いますが、
1ミリでも「損したくない!」と感じ事が出来たのならその重い腰を上げてみませんか?

 

あなたが思ってもいない予想外の結果が待っているかもしれませんよ。

 

↑ページの一番上に戻る

当サイト特別コンテンツ

ムラザキの車査定潜入バナー