10万キロ超えの車を売るならどこがいい?

10万キロの車売るなら

 

10万キロを超えると一気に車の価値が下がると言われており、売却先を迷う方も多いかと思います。

 

ですが、中古車の場合10万キロを超えるともう値段がつかない!と考えてしまう方が多く、高く売ることを諦めてしまい販売店での下取りで売却してしまう方が多いのが現実です。

 

実はこれは、車種によっては結構勿体無い事なんです。
中古車販売店を見ていると、10万キロを超えた車でも車種によっては高値で販売されています。
それは、10万キロを超えた車でも需要があるという証拠でもあるので、10万キロを超えたからといって諦める必要は一切ありません。

 

そうなると、下取りよりも中古車相場に敏感な買取専門店の方が高い値段で売却出来る可能性が高いです。
※下取りは中古車相場が加味されにくい。

 

買取専門店の場合、10万キロを超えた車でも思ったより高く売れる場合ありますし、それにたとえ10万キロを超えて価値がほとんどないような車でもしっかり値段がつく可能性があります。

 

それに、買取専門店の場合国内だけでなく海外にも流通先を持っている会社があります。
というのも、海外では10万キロを超えても問題なく乗り続ける傾向にあり丈夫で故障が少ない日本車は人気で国内よりも高値がつく可能性があるのです。

 

しかし、どの買取店が海外輸出を行っているかわからないので、複数の買取店から査定を受けて一番高く評価してくるお店を探すことが重要ですね。

 

ただしここで、一つだけ注意があります。10万キロを超えた車の中には、ほとんど値段がつかないような車種があります。
例えば、不人気車や年式があまりにも古い車です。(15年落ち〜20年落ち)
そのような車は買取店よりも、むしろ販売店の下取りの方が高くなりやすいので、下取り査定も受けてみることを強くお勧めします。
理想は、下取り査定と一括査定などを使って複数の買取店から査定を受けることですね。

 

 

まとめ
10万キロを超えたからといって下取りに出すのではなく、必ず買取店の査定を受けること。
ただし、年式があまりにも古い車は下取りの方が高くなることがあるので、下取り査定と買取査定を比較することを忘れずに。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

10年落ちの車を売るならどこがいい?
10年落ちは高く売れないと思っていませんか?10年落ち以上の車でも少しでも高く売る為に、どこにどうやって売ればいいのかを解説します。
事故車や修復歴のある車を売るならどこがいい?
事故車や修復歴のある車ってどこに売ればいいのかわからない!買い叩かれない為にどこに売れば高くなるのか解説します。
軽自動車を売るならどこがいい?
軽自動車は中古需要が高く正しい方法で売ることが出来れば高く売れる可能性は高いです。