廃車を自分でするときの注意点

 

買取店に持ち込んでも下取りの査定をしてもらっても一銭にもならない場合という時もあります。
それならと乗り続けようといっても、その車に自動車税や定期点検などの維持を費やすのももったいないということになれば後は廃車をするしかありません。

※ただし、まだ買い取り査定も受けずに廃車を考えている方は、急がずに一度査定を受けることをおすすめします。
自分では価値がないと思っていても意外と値段をつけてくれる業者はいます⇒
車を売るならコチラ

 

廃車手続き、正式名称「抹消登録」というのですが、これには永久的に乗れなくする「永久抹消登録」と長期不在などで一時的に登録を抹消して節税するときの行う「一時抹消登録」というものがありますが、今回の場合は永久抹消登録ということになります。
廃車手続きは代行業者などのお願いすれば、家に居ながらにしてすべての手続きなどをすますことが出来るのですが、それにはそれなりの費用が掛かるので自分で行ってその費用を節約するということもできます。

 

ただ、一つだけすべてを自分で行うことはできないということです。
永久登録抹消手続きには車を解体したことを証明しなければなりません。
しかし、個人で解体することは認められておらず、ナンバープレートを返納するためのナンバープレートはずしも個人が行うと違法行為となるため、解体業に車を持ち込んでナンバープレート外しから車の解体、解体したことを証明する「使用済自動車引取証明書」の発行までは全て業者にお願いすることになります。

 

それと車の年式によってはリサイクル料金を払っていない車もあると思いますが、そういった場合は解体業者にそのリサイクル料金を別途支払うことになります。

 

実際に個人が行うのはその書類とナンバープレートを持って陸運局に出向いて手続きを行うことだけで、簡単ではありますが、自分でやるということにあまり意味がないように思えます。
少しでも費用を浮かそうという方であればいいとは思うのですが、多少出費があってもいいと思っている方であれば、すべて代行業者にお願いした方がいいかもしれません。

 

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

軽自動車を廃車にする際の流れと必要な書類