手続き主に廃車代行業者に

 

今大人気の軽自動車ですがこの軽自動車を買取店にもっていっても値段がつかず買取不能のとなった場合、このまま乗り続けるか廃車するかのどちらかを選ぶことになります。
新しく車を買う時やもう必要ないからということで売却を考えていた方ならば選択肢は1つ、廃車です。

 

廃車手続きは基本的には登録車とほぼ同じ形行うのですが、普通車の場合は陸運局にて手続きをするのですが軽自動車の場合は軽自動車検査協会にて手続きをします。
申請する場所を書類の様式が若干違うだけですので登録車で廃車手続きを行った方であれば特に迷うことはないと思います。

 

廃車手続きは一般的に代行業者などに頼んでやってもらうのが一般的です。
その理由は全てを自分一人で出来るというものではないからです。

 

例えば名義変更などであれば車と書類があれば素人で手続きをすることができますが、廃車手続きの中には実際の車を解体するという作業があるので素人ではできないのです。
そういった面倒臭さあるので普通の人はすべてお願いしてしまうことになるのですが、それなりの代行手数料などがかかるために、それを節約する意味もあって解体作業だけは国から認可を受けた解体屋さんにお願いして、それ以外の事務的な部分は自分で行ってかかる費用を抑えようとする方もいます。
廃車手続きはタイミング的にいろいろ気を使うところがあって面倒ではあるのですが手続き自体はそれほど難しくありません。

軽自動車においても完全に車を廃棄する永久登録抹消と同じ「解体返納」と車体はそのままで登録だけ一時的に抹消する一時登録抹消と同じ「一時使用中止」があります。
この申請に必要なものは
・車検証
・自賠責保険証
・免許証などの身分証明書
・リサイクル券
・申請内容に合わせた申請書
※印鑑も必要なのですが軽自動車の場合は全て認印でOKですので、印鑑証明書などは必要ありません。

 

税金と保険の手続きを忘れずに

 

実際の申請にはこれに車についていいた前後のナンバープレートが必要ですので、一時使用中止の場合は車から取り外しておき、解体返納の場合は解体業者から取り外されたナンバープレートを受け取っておきましょう。
そのナンバープレートと必要な書類を持って申請作業に入りますが、解体返納の場合は軽自動車検査返納届を、一時使用中止では自動車検査証明書交付申請書を作成し、手続きにかかる手数料を印紙としてはりつけて提出します。
申請が認められると自動車検査証返納証明書が発行され、これで廃車手続き自体は終了です。

 

しかしまだやることがあります。
まずは軽自動車税の請求が来ないようにする手続きをします。
残念ながら軽自動車税は年の途中でも返還されることがありませんので、翌年の請求書が来ないようにするだけとなります。

 

それから自賠責保険の解約手続きですが、これは軽自動車検査協会とは全く関係のないことで、加入している自賠責保険の損害保険会社に申請することになります。
損害保険会社からは解約するように入ってこないので、自分で自らアクションを起こさなければなりません。

 

支払い済みの自賠責保険料から解約手続きをした翌月分から月割りで生産されることになります。

 

同じようなものに自動車重量税の還付というものがありますが、こちらは解体返納の場合だけで月割りで返納されることになります。
この手続きは軽自動車検査協会で行います。

 

このようにいろいろな書類が必要であったり、手続きも何回もしなければなりませんが、ちゃんと用意さえしておけば1回で向くだけで済んでしまうので、そういった機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

廃車を自分でするときの注意点