日産 エルグランド売却のツボ

 

「日産 エルグランド」1999年(平成11年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜400万円
・下取り相場(予想)0万円〜370万円
※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取/下取り額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒競合ミニバンの台頭で相場が不安定
競合している他メーカーのミニバンが増えて、人気も横ばいかそれ以下になりつつあり、それに伴い売却相場のが楽が目立つ。しかしハイウェイスターなどの上位グレードの相場は高い。
※2018年4月更新

 

売却事例

「3.5L XL (E51)」2005年式(平成17年)
走行距離:3万キロ

査定額:100万円
 (2015年3月に査定)

「VG (E51)」 2004年式(平成16年) 走行距離:13万キロ

査定額:8万円
 (2015年3月に査定)

「2.5 ハイウェイスター (ME51)」2006年式(平成18年) 走行距離:3万キロ

査定額:101万円
 (2015年3月に査定)

「350ハイウェイスター (NE51)」 2009年式(平成21年) 走行距離:2万キロ

査定額:175万円
 (2015年2月に査定)

「250ハイウェイスター (ME51)」 2008年式(平成20年) 走行距離:7万キロ

査定額:125万円
 (2015年2月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみた日産 エルグランド

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

1台で大きな利益が出る

日産の大型ミニバン、エルグランドはトヨタのアルファード・ヴェルファイア兄弟に圧倒されて少々影が薄い存在となっていますが、中古車市場の隠れた人気車種となっており、入庫する数も販売価格もかなり高いものとなっています。
エルグランドのちょっと変わったグレード構成のせいか、入ってくるモデルのほとんどがハイウェイスターで標準モデルというものが少ないのですが、逆に中古車の需要もハイウェイスターがほとんどですので、ある意味バランスが取れているといってもいいでしょう。

 

たた、エルグランドはかなり維持費がかかる車ですので、人気があるといっても飛ぶように出る車ではなく、それに欠航が意外にうるさい人が多いので少しでも傷が入っていたりへこみがあったりするだけ、販売店に置かれる期間が延びてしまうのですよ。
中古車販売店からすれば、入れたらすぐに出て行ってもらいたいものですから、中古車オークションでも時に状態を気にします。

 

これを裏返せば状態のいいものであれば、買取店も高く買うということですよ。
特にブラック系で傷一つないものはいい金額になりますねぇ・・・、業界の人間でもびっくりするぐらい。

 

更に7人乗りとくれば売る人もうはうはでしょうし、我々も大きな利益を生むことができるので大満足なのですよ。
ただ、2代目モデルの2006年以前のものはちょくちょく故障車が入ってくることがあるのでその近辺のものは少し金額を控えさせてもらっています。


エルグランドの売却のコツ

どこでも高く売れる

さすがに日産ミニバンのフラッグシップモデルです。
堂々たる風貌はまさに大型ミニバンのキングとなるでしょう。
この風貌にあこがれている方は発売からかなり経つ現在でもかなりいて、中古車市場でもかなり需要があります。

 

買取価格は基本的には高めで、どのモデルでも満足することができると思いますが、中古車需要から考えるとやはり3.5リッターエンジンモデルより自動車税も安く、燃費も良い2.5リッターエンジンモデルの方が高くなっています。
それから意外と重要な選択肢となるのが7人乗りか8人乗りかです。

 

この違いはセカンドシートの形状によるものなのですが、だれもが欲しがるのが7人乗りのキャプテンシート、オットマン付のシートバック中折れ機構が付けられているコンフォタブルキャプテンシートと呼ばれるものですが、これが付いているエルグランドは特に需要が高くなっており、買取金額もそれに比例して高額となります。
それからグレード的にはハイウェイスターやライダーが人気となっているのですが、ハイウェイスターは数が多いのですがライダーは中々入ってこないので、ライダーの方がより一層買取金額が高くなります。
ハイパフォーマンススペックですととんでもない金額になります。
この車であれば売るところに困らないと思いますが一応、オンライン無料一括査定サイトでどの買取店がどのくらいで買い取ってくれるのかということを調べてからの方がいいと思います。