キューブ売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「キューブ」1998年(平成10年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜130万円
・下取り相場(予想)0万円〜100万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒人気衰退による下落が大きい
一昔前までは人気はあって需要はあったものの、最近では競合他車に押され影をひそめており、価値が急激に下がってきている。2017年の秋にモデルチェンジの噂があるので売却を考えているなら早い方がいいかもしれない。

 

 

売却事例

「S リミテッド (AZ10)」2000年式(平成12年)
走行距離:15万キロ

査定額:1万円
 (2015年3月に査定)

「1.5X (Z12)」 2013年式(平成25年) 走行距離:13万キロ

査定額:95万円
 (2015年3月に査定)

「SX (BZ11)」2004年式(平成16年) 走行距離:8万キロ

査定額:2万円
 (2015年3月に査定)

「ライダーアルファ (BZ11)」 2005年式(平成17年) 走行距離:6万キロ

査定額:10万円
 (2015年1月に査定)

「SX 70th (BZ11)」 2003年式(平成15年) 走行距離:10万キロ

査定額:1万円
 (2015年1月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみた日産 キューブ

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

埋もれてしまっている

キューブは、ボクシーでありながら丸みを帯びたというちょっと変わったデザインを持っており、他のコンパクトカーとは一線を引いているのだが、ただそれだけの車で、中古車でこの車を買おうという人はかなり少ないようです。
それもそのはず同じクラスにフィットやらヴィッツやらあるとなると何にもないキューブはかなり分が悪いってこと。
完全に埋もれてしまっている状態です。

 

そりゃそうですよ、燃費もあまり良くないし、1.5リッターだけしか選べないというのはコンパクトカーとしてはちょっとばかり無理がありますからねぇ。
それでもここ最近の若い人たちはデザイン重視で車を選ぶことが多くなっているのでそういった方たちのみに需要があるといった感じでしょうか・・・。
それ以外にこの車にメリットはないといってもいいかもしれません。

 

高額買取ですか・・・たぶんかなり難しいでしょうね。
買取店でもあまり欲しがりませんので、オンライン無料一括査定サイトなどを使って、高く買い取ってくれる場所を探してそういったところで売ることぐらいしか努力の使用がないです。
装備があってもあまり評価されませんのでかなり厳しい状態と思ってくださいね、そうじゃないとこちらとしてもこまってしまいますので。


キューブの売却のコツ

はっきり言いますが、高額買取は諦めよう!!

日産のコンパクトカーであるキューブはその名五徳のデザインを持つ車ですが、どうしてこういった車が売られ続けているのかということを疑問に思ってしまうほど魅力が少ない車です。
唯一、魅力といえるのはボディのデザインとキャビンの広さですが、これだけでは同クラスの車とは圧倒的にポテンシャルが違いすぎます。
デザイン的には海外でも高評価となっていますがデザインだけが良ければ売れるというものではなく、中古車市場でも思ったほどの需要はないようです。

 

それにコンパクトカーといえば、現在では1300ccエンジンが主流、そういった中で1500ccしかないというもの大きなデメリットです。
買取店でもあまり好んで買い取るようなことはしていないようで、軒並み低い金額で買い取られているようです。
だいたいどの車でもこれが有れば高くなりますよ、というものがあるものですがこのキューブに至ってははっきり言って何もないです。

 

こういう車で高い買取金額を目指すのは少し難しいかもしれませんが、あえて使えるとすればオンライン無料一括査定サイトです。
仕方がないのでここで一円でも高い査定額を出してくれるところを探して、そこで本査定をしてから売るしかないでしょう。