ラフェスタ売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「ラフェスタ」2004年(平成16年)発売開始〜発売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜65万円
・下取り相場(予想)0万円〜50万円
※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取・下取り額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒値段は下がる一方だが・・・・
生産終了後価値は下がる一方で上がることは考えづらい。ただしスライドドアで使い勝手がよく中古需要はあるが価値は下がる一方なので売るタイミングは早めがいい。

 

 

売却事例

「ハイウェイスター (CWEFWN)」2012年式(平成24年)
走行距離:1万キロ

査定額:65万円
 (2015年7月に査定)

「ジョイX(B30)」 2010年式(平成22年) 走行距離:3万キロ

査定額:41万円
 (2015年4月に査定)

「ライダーアルファII(B30)」2006年式(平成18年) 走行距離:3万キロ

査定額:15万円
 (2015年4月に査定)

「20S(B30)」 2004年式(平成16年) 走行距離:10万キロ

査定額:4万円
 (2015年2月に査定)

「ライダー(B30)」 2006年式(平成18年) 走行距離:9万キロ

査定額:8万円
 (2015年1月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみた日産 ラフェスタ

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

お願いです、わかってください

 

この車はラフェスタですよ!今でも新車で売っているラフェスタ・ハイウェイスターではありませんよ。
まずここからです。
よくいるのですよ、ラフェスタとラフェスタ・ハイウェイスターを同じモデルだと思っている方が・・・。

 

これは日産に責任がある、同じ車名を付けているのにもかかわらず、全く違うのですから、それにそれらを同時に売りますか?ってことです。
そういうことをするから買取店にラフェスタを持ち込む人の期待が無駄に膨らんでしまうのですよ。

 

ラフェスタは新車販売していた時と同じように中古車市場でもかなり人気のない車で、ほとんど需要のない車、もちろんそういった車を好んで買う買取店もなく、買取金額も最低ラインとなるでしょう。
しかし、この車を売りに来た方は、プレマシーのOEMであるラフェスタ・ハイウェイスターの金額を想定してくるものですからその差額ときたら大変なもの。
いくら説明しても「また、うまいことを言って」と思われるのがオチなのです。

 

この車はグレード問わず、年式問わず、走行距離問わずとにかくあまり欲しくない車で出来れば、買取もお断りしたい具合の車なのです。
そういった車にさすがに何十万円も出せませんよ。
これだけはわかってください。


ラフェスタの売却のコツ

不人気車の代表のようなもの

日産のラフェスタは本当にひどいほどの人気の無さです。
新車市場のみならず、中古車市場で全く売れない、これだけ売れない車もとても珍しいです。
どんな不人気車でもたとえば一部のコアなファンがいるとか、特殊な需要があるとか、一部のモデルなら売れているとかなどというものがあるはずなのですが、このラフェスタにおいてはそういったものも全くない状態となっています。
ラフェスタは2リッターエンジンを持ついわゆる中型ミニバン、一番需要が高いジャンルにいるはずなのですがどうしても売れません。

 

ここまでくるとかなり致命的で、どこの買取店でもこの車を持ち込むとあまりいい顔をしません。
こうなってしまっては装備やオプション品などの小細工は通用しませんので、残る手段となるのはオンライン無料一括査定サイトを活用することぐらいです。

 

オンライン無料一括査定サイトは高く売れる車をより高く売るために使うことが多いのですが、ラフェスタのような致命的な不人気車を売る時にもかなりの効力を発揮します。
ここでたくさんの買取店の暫定査定額を知って、それを参考に実際に査定を受ける買取店を決める。

 

これなら低い水準の中でもきっと少しは買取金額を高くすることができると思います。
このオンライン無料一括査定サイトはラフェスタにとって最後の砦になるかもしれません。