ティーダ売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「ラフェスタ」2004年(平成16年)発売開始〜2011年(平成23年)まで販売

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜60万円
・下取り相場(予想)0万円〜50万円
※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取・下取り額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒相場は下がる一方
生産が終了して4年以上経過しており需要も減っていくので、どんどん売却相場は下がっていくでしょう。同じコンパクトカーのノートに居場所を奪われ需要は減るばかりだ。

 

 

売却事例

「18G (JC11)」2005年式(平成17年)
走行距離:5万キロ

査定額:10万円
 (2015年7月に査定)

「15M(C11)」 2005年式(平成17年) 走行距離:7万キロ

査定額:11万円
 (2015年6月に査定)

「15S(C11)」2004年式(平168年) 走行距離:15万キロ

査定額:9万円
 (2015年4月に査定)

「15S プラスナビHDD(B30)」 2008年式(平成20年) 走行距離:7万キロ

査定額:15万円
 (2015年4月に査定)

「15S FOUR(NC11)」 2010年式(平成22年) 走行距離:5万キロ

査定額:50万円
 (2015年3月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみた日産 ティーダ

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

中古車としての価値もそろそろです。

 

ティーダは内装もいいし、燃費のいいということで一時までは結構な金額で買い取っていたのですが、いい加減3年以上もたつと徐々に勢いはなくなってきました。
それに後継モデルであるノートが新車で結構売れており、それも徐々に中古車市場に流れ込んできているので影も薄くなる一方・・・、いい金額で売ろうと思っているのであれば、即効売ってしまう方が身のためかと思いますよ。
どう考えても今の価値より高くなることはありませんし、逆に急降下する確率の方が高いのですから・・・。

 

特に1800ccエンジンモデルはかなり急いだ方がいいですよ。
そろそろ売るところがなくなってきていますから。
1500ccモデルは若干猶予があります・・・とりあえず海外向けに輸出している買取店で結構な金額で買い取ってくれますからね。

 

アジアなどでは人気らしいですよ、この車・・・でも1800ccは関税の負担が大きいので買取店側も嫌がります。
全体的に見るそろそろこの車もどうすることもできない状態になってきていますので、売るなら売る、売らないなら乗りつぶすという決断をしてサッサとうったほうがいいですよ。
手早く済ませたいならオンライン無料一括査定サイトで買取店を探すといいかもしれませんね。


ラフェスタの売却のコツ

排気量によって違う価値

ティーダという車はいわゆる旧日産体制からルノー日産体制に移り変わる段階の時に作られた車で、言うなればルノーが日本の国内市場を知らない状態で発売した車です。
他にもこの時代に発売された車がたくさんありますが、すべての車において言えることが的外れな車ということです。
この車もコンパクトハッチということで作られているのですが、インテリアにこだわった点はいいのです、しかし・・・日本人が思う「チープでもいいから安く仕上げてくれ」と考えとは全く正反対な車になってしまったのです。
残念ながら発売当時それなりに売れていましたが、それが落ち着いてくると需要も激減ということになってしまったのです。

 

こういった素性の持ち主となっているティーダ、もちろん中古車市場でもあまり需要はありません。
それほど古い車ではないのでそれなりに需要もあるのかと思われましたが、やはりこういった車は消費者もわかるのでしょう。
買取金額も軒並み低い水準となってしまいますが、それでもわずかに高く買い取るモデルもあります。

 

それは1500ccのCVTモデル、1500ccというのは海外輸出にも使えるエンジン排気量でこの排気量までなら税金が安いということで海外でも人気があります。
それからCVTですが、ティーダにはAT、MT、CVTのトランスミッションが用意されていますが、燃費面からCVTが好まれる傾向があります。
もし1500ccエンジンモデルを持っており、それを売ろうと思っているのであれば海外向けに商いを行っている買取店で売るのがいいでしょう。
1800ccモデルは残念ですが国内向けの一般的な買取店で売るしかなく、その金額もあまり期待しない方がいいと思われます。