エアウェイブ売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「エアウェイブ」2005年(平成17年)発売開始〜2008年(平成20年)まで販売

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜40万円
・下取り相場(予想)0万円〜30万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒高く売るのは絶望的?
既に7年前に生産終了しており、売却相場は下がる一方。売ると決めtら1日でも早く売るのがいい。

 

 

売却事例

「ST (GJ1)」2008年式(平成20年)
走行距離:7万キロ

査定額:30万円
 (2015年5月に査定)

「M Sパッケージ (GJ1)」 2008年式(平成20年) 走行距離:15万キロ

査定額:12万円
 (2015年4月に査定)

「M (GJ1)」2008年式(平成20年) 走行距離:6万キロ

査定額:40万円
 (2015年6月に査定)

「Gスカイルーフ (GJ1)」 2006年式(平成18年) 走行距離:7万キロ

査定額:20万円
 (2015年1月に査定)

「Lスカイルーフ (GJ1)」 2005年式(平成17年) 走行距離:5万キロ

査定額:20万円
 (2015年1月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたホンダ エアウェイブ

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

昔は昔

 

ホンダのエアウェイブは、新車発売当時は爆発的に売れた車で、その後の中古車市場でもかなり高い金額でやり取りされていた車です。
しかし、現在はというと・・・それほどでもないようです。

 

やっぱり後継モデルにフィットシャトルが出たのが痛い、ハイブリッドモデルなどもあるので勝ち目がないですよ。
中古車販売店の店先でもエアウェイブとフィットシャトルが並んでいたらだれもがフィットシャトルを選んでしまいますからねぇ。

 

一時期はリセールバリューの高い車として名を連ねていたのですが、今は思ったほど需要はないようで、当時の考え方で付けていた販売価格を見直す中古車販売店が出てきたぐらいです。
噂では今でも高額買取できる車などといわれているようですが、実際のところはそうでもないと知っておいてください。

 

逆にです・・・、需要があった時にたくさん仕入れてしまっため、現在では少しあまりがちになってしまい、いわゆる過剰在庫状態となってしまい、販売店では少々持て余し気味・・・。
要するにしばらくはこの車はいらないということになっているのですよ。
こうなると買取店でも高いお金を出してまで買い取ろうとはしません。
昔は昔、現在はあまりいい金額になることは少ないです。


エアウェイブの売却のコツ

落ちたものです

ホンダのエアウェイブは、当時のフィットをベースにして作られた小型ステーションワゴンとして大人気となり、販売台数もものすごいことになっていた車ですが、内外に同様のモデルがたくさん作られるようになってからというもの、いたって平凡な需要となってしまいました。
特に生産終了になって、フィットシャトルが発売され、それが中古車市場に入ってきてからは一気に価値が低くなり、「リセールバリューの高い車」といわれていた車も普通の買取金額で買い取られるようになってしまったのです。
それでも同年代の車としては高めとなっており、特にルーフ全体がサンルーフになっているスカイルーフ装着モデルは中々の買取金額になっています。

 

それからボディカラーですが、こちらもホワイト系のパールホワイトであれば、いい金額になります。
その理由は傷が目立たないということらしいですが、実際には無難な色だからということらしいです。

 

この車で困ったことは台数がとにかく多いこと、発売当時にあまりにもたくさん売れたため、それが今の中古車市場にどんどん流れ込んできているということで、中古車販売店の中にはほこりをかぶってずっと置かれっぱなしなどいうものもあるようです。
こういう状態になってしまうと買取店でも高額買取ということにはなりにくいものです。