ホンダ ライフ売却のツボ

 

「ホンダ ライフ」1997年(平成9年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜80万円
・下取り相場(予想)0万円〜60万円
※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取/下取り額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒販売終了でも根強い人気を維持。
販売終了から5年たったにもかかわらず、高年式の車体はそこまで売却相場は下落していない。中古市場でのニーズを多さがうかがえる貴重な軽自動車といえる。流石にJB1型は底値で取引されている。
※2018年4月更新

 

売却事例

「G (JB1)」2000年式(平成12年)
走行距離:7万キロ

査定額:1万円
 (2015年4月に査定)

「C (JB5)」 2005年式(平成17年) 走行距離:2万キロ

査定額:20万円
 (2015年4月に査定)

「C (JB5)」2004年式(平成16年) 走行距離:5万キロ

査定額:12万円
 (2015年3月に査定)

「C 4WD (JB5)」 2006年式(平成18年) 走行距離:10万キロ

査定額:15万円
 (2015年3月に査定)

「D (JB5)」 2005年式(平成17年) 走行距離:15万キロ

査定額:2万円
 (2015年2月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたホンダ ライフ

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

古くても大丈夫

 

ライフはNシリーズが出る前まではホンダの軽自動車のメイン車種だったわけですから、それなりの台数はあるのですが、やっぱりNシリーズが中古車市場に入ってくるようになってからは一気に需要が減りましたねぇ・・・極端に。
それでもライフは悪い車ではありませんので、今でもそれなりの需要はありますので、買取店でも買い取していますよ。
特に欲しいのはDIVAやPASTELといったようなドレスアップモデル、どちらもターボエンジンモデルがいいですねぇ。

 

DIVAのターボエンジンモデルならNシリーズと同じくらいの需要があるので、金額もなかなかいい金額になっていますよ。
あと、PASTELに限っては途中で廃止になったモデルで、台数が圧倒的に少ないので、若干高めになります。
中古車市場で売れ筋となっているのがオートエアコン装着車なので、買取に関してもオートエアコンは欲しいところです。

 

ただ、やはり軽自動車なのでどのモデルも走行距離が進んでいるものが多いので、走行距離があまり進んでないものはいい雹かとさせていただいています。
それから、ボディカラーはホワイトだけでなく、イメージカラーである水色系も積極的に買い取っているのでそれもいい金額になると思いますよ。


ライフの売却のコツ

ホンダはこれだけ

ホンダの軽自動車がなんというか一番さみしい売り上げしか上げられなかった時代を生きてきたのがこのライフという車です。
途中でゼストやザッツなどが加わりましたが、選択肢としてはほぼライフしかなかったといっていいでしょう。

 

従って、ホンダの軽自動車が欲しい、あるいはホンダの車しか買えない状況(企業向けだと結構こういったことがあります)ですと、結局ライフになってしまうのです。
その結果が現在の中古車市場における台数の多さにつながるわけで、それによって古いということよりも価値の低下を生み出してしまうのです。
しかしです、Nシリーズが出た後でもぽつぽつと需要があり、意外といい金額でも売れてしまうため、極端な価値の低下は免れているようです。
買取店でも普通に買い取っているようで、その買取金額もそれほど低いものではありません。

 

車自体がしっかりと作られているからでしょう。
買取店が喜んで買うのはドレスアップモデルのDIVA、それもターボエンジンモデルで、これなら現在でもそれなりの需要があるのでいい金額になると思われます。
特に2012年におこなわれた一部改良によって追加された装備で柔術しているモデルは年式が新しいことも手伝って結構な金額になるようです。