ストリーム売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「ストリーム」2000年(平成12年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜140万円
・下取り相場(予想)0万円〜120万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒リセールはそれほど悪くないがそれは5年落ちまで
生産終了となってしまったが、それほど落ち込みは見られない。ただし5年落ち以降から急激に値段が落ちているので、これからもどんどん下落が続く見込み。

 

 

売却事例

「G (RN1)」2005年式(平成17年)
走行距離:10万キロ

査定額:3万円
 (2015年4月に査定)

「アブソルート (RN1)」 2004年式(平成16年) 走行距離:5万キロ

査定額:20万円
 (2015年3月に査定)

「RSZ (RN6)」2009年式(平成21年) 走行距離:5万キロ

査定額:55万円
 (2015年2月に査定)

「RSZ (RN6)」 2006年式(平成18年) 走行距離:3万キロ

査定額:80万円
 (2015年2月に査定)

「X HDDナビパッケージ (RN6)」 2009年式(平成21年) 走行距離:2万キロ

査定額:63万円
 (2015年2月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたホンダ ストリーム

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

ストリームだったら喜んで買いますよ

 

ストリームはモデル終盤で販売台数が伸びず悲惨なことになっていましたが、中古車市場では結構な需要がある車です。
後継モデルとして新しくジェイドが出たことがいい影響を与えているようで、生産終了間際よりジェイドが発売されてからの方が需要が大きくなったような気がします。
特に2代目モデルは中古車市場ではかなり人気で、1.8リッターエンジンモデルより2リッターエンジンを搭載したものが中心になっています。

 

グレード的にはスポーティーなイメージが強いせいか、RSZグレードが一番人気、ボディカラーではやはり定番のホワイト系、それと意外とレッド系が売れているのがちょっと面白いところ、世の中ではどうやらこの車は相当スポーティーに売っているようですなぁ、赤が売れるミニバンというのもなかなかありませんよ。
我々からすればストリームは利益を出せる車としてうれしい車で買取も積極的、2リッターのRSZグレードにホンダインターナビや純正のエアロパーツなどが付いてれば結構いい買取金額で買い取ることができますよ。

 

ただ、もともとの新車販売価格が比較的安かったこともあって、ライバルのウィッシュなどと比べると金額が安く見えてしまいますが、リセールバリュー的にはそれほど悪いものではないと思います。


ストリームの売却のコツ

意外な需要の驚き

オデッセイの小型版として発売されたストリーム、発売当初はかなり売れたようですが、低ルーフミニバンゆえのキャビンの狭さから次第に人気は低迷し、最後は生産終了となってしまった車です。
それがです、意外や意外、中古車市場では意外とい需要を持つ車となっているようです。

 

ジェイドの発売で低ルーフミニバンを見直したのか、低ルーフミニバン型オデッセイが無くなってしまったからなのか、わかりませんが、人気が高まっているようです。
買取店での買取金額もまずまずで思った以上の金額なることもあるようです。
しかし、そういったことだけでは高額買取は目指せません。
きちんとおさえるところはおさえておきましょう。

 

買取店で評価が高いのは、まずは2リッターエンジンモデル、これはやはり1.8リッターだとフル定員で乗った時に非力さを感じるからです。
それからこのストリームのイメージに一番あっているスポーティーグレードのRSZ、これはかなり評価が高いようです。
それからRSZ最終型となる6人乗りモデルも高評価、このサイズではこのくらいが一番いいということらしいです。

 

これらが揃えばかなりの高額買取が可能です。
もちろんオンライン無料一括査定サイトで一番高く買い取ってくれるところを探すのも忘れずにしておきたいものです。