エリシオン売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「エリシオン」2004年(平成16年)発売開始〜2010年迄販売

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜200万円
・下取り相場(予想)0万円〜180万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒中古車が人気で相場が高め
販売終了後もその人気おさまらず中古車の需要が高め。ただし生産終了から5年となるので下落していくことは確か。しかし、上級グレードの「プレステージ」は高値で売却できる可能性がある。

 

 

売却事例

「M (RR1)」2005年式(平成20年)
走行距離:5万キロ

査定額:70万円
 (2015年3月に査定)

「Xエアロパッケージ (RR1)」 2005年式(平成20年) 走行距離:8万キロ

査定額:40万円
 (2015年2月に査定)

「G (RR2)」2004年式(平成16年) 走行距離:14万キロ

査定額:12万円
 (2015年1月に査定)

「VX (RR1)」 2004年式(平成16年) 走行距離:7万キロ

査定額:50万円
 (2014年12月に査定)

「L (HM1)」 2004年式(平成16年) 走行距離:15万キロ

査定額:20万円
 (2014年10月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたホンダ エリシオン

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

生産終了?どうして

 

エリシオンはホンダがエルグランドやアルファードなどに対抗すべく作った大型ミニバンですが、どうしてもそれらに勝つことができない・・・で結局生産終了か統合ということになった次第ですが、中古車市場ではそこそこ需要があって、そんなことみじんも感じさせませんよ。
とはいってもアルファードほどのものはありませんが、大型ミニバンってこんなものではないでしょうかねぇ。

 

ホンダがどうしてこの車を生産終了にしてしまったのか理解できないです・・・というのが中古車業界にいる人間からする感想です。
買取店でもどんどん買取っていますよ、それもなかなかの金額で。
これなら文句ないのではというぐらいの金額になっています。

 

利益率も悪くありませんので、買取店は喜ぶのではないでしょうか。
特に2.4リッターなら結構需要がありますし、豪華仕様のプレステージも売れているそうなので、高額買取まではいきませんがいい金額だと思います。
3.5リッターエンジンモデルはやはりちょっと渋いですね、税金や燃費の関係がありますので・・・、ただこれはどの大型ミニバンでも同じでエリシオンだからということではありません。
今でも現役モデル化のような需要を持つので、今なら全体的にどこでも高く買ってくれるのではないかと思います。


エリシオンの売却のコツ

まだまだ狙える高額買取

エリシオンは同じ大型ミニバンでもとても上品な雰囲気を持つ車で他のモデルにはない魅力を持つ車です。
しかし、あまりにもアルファード兄弟やエルグランドの押し出しの強さには勝てず、同じく販売台数に悩むオデッセイと統合する形となってしまいました。
そんなエリシオンですが、今のところ極端に需要が落ちるということはなく、販売されていた当時と同じような動きを見せています。

 

むしろ、新車で手に入れられないということで若干価値が上がったかもしれません。
需要の中心は2.4リッターエンジンモデル、これは自動車税が3.5リッターエンジンモデルより2ランク安いことと燃費面で優れていることが大きな原因となっているようです。
売れ筋はプレステージモデル、いわゆるエリシオンの装備充実モデルということで、標準モデルではオプションになっているものがすべて付けられているということが大きなメリットです。

 

それから本革シート、これはプレステージモデルのSGグレードで標準装備されているものですがこれも大きな武器になります。
2.4リッター、プレステージ、本革シート、おまけに7人乗りのキャプテンシート。これらの武器をおさえることでエリシオンで高額買取を目指すことができるようです