スバル フォレスター売却のツボ

 

「スバル フォレスター」1997年(平成9年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜270万円
・下取り相場(予想)0万円〜250万円
※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取/下取り額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒5年落ちぐらいまでは高値で取引
この車は地域によって相場が変動しますが、大体5年落ちまでは価格が落ちにくく、中古市場では人気があり高値で取引されている。
※2018年4月更新

 

売却事例

「2.0X_フィールド リミテッド II (SH5)」2010年式(平成22年)
走行距離:4万キロ

査定額:135万円
 (2015年4月に査定)

「STI バージョン (SG9)」 2005年式(平成17年) 走行距離:7万キロ

査定額:80万円
 (2015年3月に査定)

「XT (SG5)」2002年式(平成14年) 走行距離:7万キロ

査定額:4万円
 (2015年3月に査定)

「2.0XT (SG5)」 2005年式(平成17年) 走行距離:12万キロ

査定額:20万円
 (2015年2月に査定)

「2.0i L アイサイト (SJ5)」 2013年式(平成25年) 走行距離:2万キロ

査定額:220万円
 (2014年10月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたスバル フォレスター

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

tSモデルを売ってください!

フォレスターも長い間売られている車にしてはあまり人気のない車です。
クロスオーバーSUVブームが来てやっと日の目を見たといった感じ・・・。
ここ最近ですよ、中古車市場でこの車が売れるようになったのは・・・それまでは単なる不人気車で買取店としてもあまりうれしくはなかったのですよ。
最近の動きを見る限りでは少しは儲けにつながるといった具合で今ならそれなりの金額になるのではないですかね。

 

中古車市場では3代目、4代目モデルあたりのものが多くなっているようで、買取店に持ち込まれるのもその辺あたりのモデルが多いような気がします。
3代目、4代目モデルあたりですと2リッターターボエンジンに人気が高いので、それなら高く買い取ります。
それよりももっと前のモデルでは、面白いことに2.5リッターのNAや2リッターのNAエンジンが需要の主流、燃費が気になるのかNAエンジンの方が人気があるみたいです。
現行モデルを売るのだったら絶対欲しいのがEyeSight、これが付いているといないとではかなり需要に違いが出るので、買取店でも大きな金額差が生まれることでしょう。

 

それとこれは純粋なフォレスターということではないのですが、STIによって作られたtSモデルはかなりの需要を持っており、買取店でも結構いい金額になります。
高額買取に一番近いといえるのがこのtSモデルですねぇ、これなら喜んで買いますよ!


フォレスターの売却のコツ

豪華装備で買取金額アップ

フォレスターの歴史は意外と長く2000年よりももっと前に発売されていました。
しかし、当時はこういった車の扱いを日本人は知らず、「ランクルみたいな車」程度にしか思っておらず、販売台数も伸び悩んでいました。
当然、中古車市場でも不人気車となり、それほど高い価値を持つような車ではありませんでした。

 

しかし、昨今のクロスオーバーSUVブームのおかげで3代目モデルぐらいから人気が出てきて、中古車としても昔のモデルがよく売れるようになり、少しずつ需要が上がってきたのです。
それが現在の中古車市場でのフォレスターの位置、大人気車種ではないがそれなりに出ている車ということで買取店でも年式などを限定してそれなりの金額で買い取っているようです。

 

ここ最近で比較的高く売れるのがEyeSight付の2リッターターボエンジンモデル、もちろん現行モデルということになるのですが、このモデルであれば最初に出される査定額も比較的高いですし、値上げ交渉も幾分柔軟性を持っています。
しかし、このモデル以外は逆にかなり渋い状態で、現行モデルでも2.5リッターはいい金額になりづらい状況となっています。
それでも、パワーリヤゲートやハーマンカードンサウンドシステムとSDカーナビの組み合わせなど豪華装備を持ったものは高く買い取る傾向があり、この車も装備いかんで買取金額が大きく変わる車となっているようです。