インプレッサ売却のツボ

更新日:2018年6月1日

 

「インプレッサ」1992年(平成4年)発売開始〜現在発売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜320万円
・下取り相場(予想)0万円〜300万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒STI以外は値段が下がりやすい。
WRX仕様やSTIは値段が落ちにくいが、それ以外のグレードはさほど期待できない相場。値落ち率も高い。

 

 

売却事例

「CF (GC1)」1994年式(平成6年)
走行距離:7万キロ

査定額:5万円
 (2015年4月に査定)

「2.0GT (GH8)」 2009年式(平成21年) 走行距離:1万キロ

査定額:120万円
 (2015年3月に査定)

「2.0GT (GH8)」2009年式(平成21年) 走行距離:12万キロ

査定額:40万円
 (2015年3月に査定)

「1.5i-s リミテッド (RA1)」 2011年式(平成23年) 走行距離:12万キロ

査定額:12万円
 (2015年1月に査定)

「2.0i-s リミテッド (GH6)」 2011年式(平成23年) 走行距離:4万キロ

査定額:100万円
 (2015年1月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたスバル インプレッサ

 

WRX STIなら大歓迎

 

 

WRX STIなら大歓迎

 

インプレッサは高額買取の定番となる車で、我々もかなりの金額を出します。
インプレッサはスポーツモデルとして売られているのですが、どうしてどうして、居住性能も快適でスポーツ走行をしない人でもかっこいいからといって買っていく人もいるくらいなのです。
ある意味広い範囲をカバーできるスポーツモデルとなるので、どの買取店でも大人気ですよ。

 

あっ・・・ごめんなさい、この話はWRX STIモデルだけのことでした。
一般的な4ドアセダンやハッチバックのインプレッサはというと・・・WRX STIとは全く正反対、需要はほとんどありませんので高くは買えません。
ただ、3代目のハッチバックモデルのインプレッサスポーツというモデルは若干の需要があるみたいでそれなら何とかいい金額にしたいと思いっています。

 

でもやっぱりWRX STIにはかないませんね。
同じ名前を持つ車でこれだけ需要に大きな差が生まれるのも珍しいことですよ。
WRXS STIであればチューニングされていても合法であれば大歓迎、距離が進んでいても海外へ流せばかなり高く売れるのでそちらも大歓迎という買取店にとってはかなりうれしい車であったりするのです。
ただ、車の性格上、傷みが激しいものが多いので、そういったところはしっかりチェックします。

 


インプレッサの売却のコツ

ほんとうにWRX STIだけです。

スバルのインプレッサは、中型モデルとして作られたものですが、インプレッサの話題のほとんどがWRX STIと呼ばれるスポーツモデルのこととなります
WRX STIシリーズはスバルが世界ラリー選手権に出場するためにインプレッサをベースにして作ったラリーマシンで、高性能エンジンとスポーツ4WDで武装したまさに戦うための車です。

 

現在の日本ではスポーツモデルが売れないなどといわれていますが、このモデルとそのライバルとなるランサーエボリューションシリーズだけは中古車市場でいつも高額で売買されており、買取店でも一目を置くような車となっています。
人気が集まっているのは、2代目モデルと3代目モデル、特に3代目モデルでは初めてのハッチバックモデとなったものが人気となっています。
一方、WRX STI以外のモデルは、残念ながら全く需要がありません。

 

あるとしても3代目のハッチバックモデルだけで、それ以外のものは明らかに人気が無い車となっています。
従って、WRX STIは高額買取が狙える車ですが標準モデルではかなり安い金額になってしまうでしょう。
かといって海外向けにと思っても標準モデルは海外では更に人気がないのでこの手段も使えません。