アルト売却のツボ

更新日:2018年6月1日

 

「アルト」1988年(昭和63年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜82万円
・下取り相場(予想)0万円〜75万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒数が多いがそれほど値落ちしおない
中古の数が多いので値段が下がりやすいと思われがちだがそれほど大きく落ちていない印象。

 

 

売却事例

「Lb (HA23S)」2002年式(平成14年)
走行距離:6万キロ

査定額:1万円
 (2015年5月に査定)

「F (HA25S)」 2010年式(平成22年) 走行距離:3万キロ

査定額:40万円
 (2015年3月に査定)

「E (HA23S)」2004年式(平成16年) 走行距離:1万キロ

査定額:6万円
 (2015年2月に査定)

「L (HA36S)」 2014年式(平成26年) 走行距離:1万キロ

査定額:40万円
 (2014年2月に査定)

「X (HA23S)」 2013年式(平成25年) 走行距離:6万キロ

査定額:10万円
 (2015年1月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたスズキ アルト売却

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

安全装備と電動式スライドドア

 

アルトは期待できる車ですねぇ・・・とはいってもそれはこれからの話、新しくなった現行モデルやターボRSなどが中古車市場にどんどん入ってくるようになってからです。
現状はというとはっきり言ってあまり元気はないですねぇ・・・だって単なる低燃費だけの車ですからね・・・。
特に低燃費車となってしまった6代目から先代モデルまではひどいものです。

 

むしろもっと古い5代目以前のものの方が需要が大きいのですから困ったものです。
それでも先代モデルであれば一応、需要はあります。
特に完璧な生活用として軽自動車を乗る人やあとは仕事で営業回りやちょっとした配達などにつかう方にはそれなりの需要があります。
ただ、やっぱり同じスズキでもワゴンRやパレット、スペーシアなどと比べると断然需要がない。

 

従って、買取でも思ったほどの金額にはなりそうもないということです。
これは完全なエコモデルであるアルトエコでも同様ですが、燃費がいいということやエンジンが新しいということでアルトよりはわずかに需要が多くなっているのでこちらなら少しはいい金額を出せるかもしれませんね。
早く今のモデルが中古車市場に入ってこないかと楽しみでなりませんよ、アルトで高額買取ができるようになるのはそこからだと思います。
はっきり言っていまは何を付けても高額買取は無理ですよ。


スペーシアの売却のコツ

アルトエコでなんとか

新しいモデルが発売され、低燃費だけの車作りで混沌としていた軽自動車界に新しい風を吹かせたのですが、中古車市場にその影響が出るのはもう少し先になりそうで、現在は低燃費だけしかメリットのないアルトで戦うしかないようです。
現在の中古車市場における中心的なモデルとなるのは、6代目モデルと先代モデルで、アルトが一番つまらない車になってきたころのものです。
中古車販売店でもパーソナルな車として買われることは非常に少なく、ほとんどが営業用の車として中小企業の方が買いに来るぐらいとなっているようです。
営業車としては最適でしょう、燃費もいいですし中古車なら価格も安いので・・・。

 

しかし個人の車としては少々物足りなさがあるためにこういった少ない需要となってしまうのです。
この時代のアルトで多く出ているのは低燃費モデルであるアルトエコ、こちらは標準モデルのアルトよりも先進的な技術が使われており、燃費はもちろんのこと様々な面で優れています。

 

アルトシリーズを売ってそれなりの金額を得ることができるのはこのアルトエコでないとできないかもしれません。
アルトエコであれば最終モデルとなる2013年11月以降に発売された4型がいい金額になるようです。