スズキ スイフト売却のツボ

 

「スズキ スイフト売却」2000年(平成12年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜120万円
・下取り相場(予想)0万円〜110万円
※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取/下取り額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒意外と値段が落ちない穴場車種
スイフトスポーツがかなりの高値で取引されているため、売却相場を押し上げている印象。ただし通常グレードも値段が落ちにくいがMCした新型が出てからは前モデルは根普段が下がっている。
※2018年4月更新

 

売却事例

「スタイルL (ZC71S)」2008年式(平成20年)
走行距離:1万キロ

査定額:30万円
 (2015年3月に査定)

「XG Lパッケージ (ZC11S)」 2009年式(平成21年) 走行距離:2万キロ

査定額:35万円
 (2015年3月に査定)

「1.3XG リミテッド (ZC11S)」2006年式(平成18年) 走行距離:10万キロ

査定額:10万円
 (2015年3月に査定)

「1.3XG (ZC11S)」 2008年式(平成20年) 走行距離:4万キロ

査定額:20万円
 (2015年2月に査定)

「RS (ZC72S)」 2011年式(平成23年) 走行距離:2万キロ

査定額:55万円
 (2015年1月に査定)

※一括査定利用の場合

中古車買取店側の視点からみたスズキ スイフト売却

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

世界が注目する小型モデル

 

スズキが作る小型モデルの中でいい売れ行きを示しているのがこのスイフトです。
この車は日本だけでなく海外でも結構な人気を持っているので、買取に関してはかなり有利な車でもあります。

 

軽自動車からフィードバックした低燃費技術を搭載した車として見てもいいですし、走りの良いコンパクトカーと見てもいい、新車市場では思ったような販売台数になっていないようですが中古車市場では結構いい車で、買取店としてもできれば手に入れておきたいものです。
特にスイフトはスイフトでもスイフトスポーツがいい!

 

エンジン排気量の関係で自動車税が若干高くはなりますが、NAエンジンでありながら優れた走行性能を持つということはかなりのメリット、中古車市場ではスイフトスポーツをスポーツモデルとして見ており、需要に関してもスポーツ走行を楽しむ方からのものが結構あるので、高い金額で買い取ることが多くなっています。

 

標準モデルの場合は、デュアルジェット エンジンやエネチャージなどの新しい低燃費装備が付けられたモデルの需要が高くなっていて、それだったらいい金額を出せると思いますよ。
特に5速マニュアルトランスミッションモデルは人気が高いため、いいかもしれません。


スイフトの売却のコツ

2つの顔を持つモデル

スズキのコンパクトカーの中で一番売れているのがこのスイフト、コンパクトカーという競争の激しいクラスにいながらもなかなかの売れ行きを示しているモデルです。
スイフトには標準モデルのスイフトとスポーツモデルのスイフトスポーツというものがあり、生活用のコンパクトカーとして乗る方はスイフトを、スポーティーな走りを楽しみたい方はスイフトスポーツをということでうまく住み分けができているで、一つのモデルでも意外と広い範囲の需要を持つ車です。

 

こういった車は中古車市場で需要が高くなることが多く、実際にも結構な需要を持っているようです。
買取金額も軒並み高めで、スイフトは2013年7月のマイナーチェンジ以降のエネチャージなどの軽自動車と同じ低燃費装備を採用してモデルに人気が集中しており、買取店でもこの世代のモデルを積極的に買い取っているようです。

 

スイフトスポーツの場合は、6速マニュアルトランスミッションモデルがいい金額になり、逆にCVT搭載モデルは標準モデルと同じぐらいの価値にしかならず、いい金額にはならないようですが、どちらの場合でもエアロパーツを付けたものは結構いい金額になっており、特にルーフスポイラーが大きめのものが好まれるようです。
スイフトは燃費と快適性、スイフトスポーツは走行性能を重視したものが高く買い取られるということになりそうです。