自分で名義変更する際の手順と必要なもの

 

自動車を売却するということは車とお金の交換だけではなく、法律で決められた手続きを行わなければなりません。
それは買取店に買い取ってもらったり、友達に売ったり、ネットオークションで売ったりした時も同じです。
車の売買にかかわる法的手続きというのは、その車の持ち主を変更する名義変更というものです。

 

名義はほとんどの場合、購入者の名前になっていることが多いのですが、自動車ローンなどを使って車を購入した場合は銀行やローン会社などが名義人となっており、実際に使っている人は使用者ということになっています。
名義を変更するときはほとんどの場合、買取店やディーラーが代理で行うのが一般的になっていますが、その代行料を節約したい時や個人売買をしたときなどは自分で行うことになります。

 

自分で名義変更を行う時は譲り渡すほうか譲る受けるほうかによって内容が変わってきます。
車を譲り渡した場合は、基本的には書類を作成したり集めたりするだけで終わります。

 

必要なものは譲渡証明書、いつ誰から誰に車を引き渡したのかを証明する書類で実印が押印されている必要があります。

 

実印の有効性を証明する印鑑証明書は、お役所に取りに行きます。

 

それから実際の名義変更手続きは新しいオーナーが行うことになりますので、手続きを委任することを証明する委任状も必要です。※これにも実印の押印が必要になります。
それと車検証、これは車に入っているものですから特に準備は必要ないでしょう。
これらに書類を新しいオーナーに渡せば実際の作業は終わりです。

国土交通省のHPで「譲渡証明書」「委任状」の様式をダウンロード出来ます。また記載例もそれぞれ見ることが出来るので参考にしてみてください。⇒国土交通省HP
※軽自動車の名義変更についてはコチラ⇒軽自動車検査協会HP

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

一方、譲り売れる側はいろいろと大変・・・・

 

前オーナーから渡された書類と共に、新オーナーの印鑑証明と譲り受けた車を保管する場所を示す車庫証明書が必要になります。
この車庫証明書は管轄の警察署に出向いて手続きを行うのですが、申請したからといってすぐに降りる訳ではありませんので実際に名義変更を行うかなり前から申請しておく必要があります。
あとは陸運局に出向いての作業となるのですが、名義変更だけであればどのような手段で出向いてもいいのですが、管轄が変わりナンバープレートの地名が変わる時はナンバープレートの変更も同時に行うので、その車に乗っていくことになります。
陸運局に付いたら申請書類を自分でなり、代書屋さんでなり作成して、手数料納付書に既定の額面の印紙を張り付けておきます。

 

ナンバープレートを変更する場合はその場で取り外してナンバープレートの返却窓口に返却します。
プラスドライバーと封をこじ開けるためにマイナスドライバーを忘れずに・・・。
この状態で作成した書類と用意した書類をまとめて提出します。
少し時間がかかることもありますがしばらく待つと名義変更手続きは終了となります。

税金関連の手続き

 

次に行うのが税金関連の手続き。

 

自動車税と自動車取得税の申請を行うのですが、自動車税の未払いや車種や年式にとって自動車取得税がかかることもあるので必要なのですが、どちらも行う必要がなくても申請だけは必ずするようになっています。
これで一通りの名義変更手続きは終了しました。
ナンバープレートを変更した方はここで新しく渡されたナンバープレートを取り付けて、係員に封をしてもらいましょう。
その時に車体番号とナンバープレートを確認しますので、刻印があるところを空けておきます。

 

エンジンルームの中や運転席側のピラー部に刻印されていることが多いのですが、どちらの場合もボンネットを開けて待ちましょう。
そのボンネットを開けて待っている状態がまさに「封印をしてください」という意思表示になり、そういった車のところに係員が近寄ってきます。
文字にするとかなり大変なように思えますがわからない時は陸運局の人が教えてくれますのでいがいと簡単に終わってしまうものです。

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

車を売る際の必要書類について
車を売る際に絶対必要な書類に関して説明します。 売る業者で説明は受けますが、事前に把握しておくことでよりスムーズに売却することが出来ます。 書類の紛失等があると売却までに時間がかかってしまうのでしっかりチェックしておいてください。
誰でも分かる!車を売る際の手続きと流れ
買取や下取りで車を売る際の手続きと流れを事前に把握しておくことでスムーズに安心して売却までいけます。初めてでも、忘れてしまった方で、誰でも分かるように詳しく説明します。
車が高く売れる時期とタイミングを徹底解説
車を高く売るには時期は1月、2月?タイミングは車検前、増税や自動車税の前?または走行距離、年数?色々な情報がありますが、本当のとこを徹底解説します。
ローン途中の車を売る方法と注意点
ローンの途中だけど、売却して次の車に乗り換えたい!だけど所有権が自分じゃない!?その場合の売る方法と注意点を解説します。
車の下取りと買取の違いは?分かり易く説明
車を売る際に良く聞くのが、「下取り」と「買取」ですが、実はこの違いをちゃんと理解している方は少なく、なんとなく下取りで売ろうと考えるのが多数です。 そこでこの下取りと買取の違いを分かりやすく解説していきます。
車買取店で売るメリット、デメリット
愛車を買取店で場合のメリット、デメリットを事前に把握しておくことで、トラブルを防ぐことが出来てより高値を獲得することが出来ます。
車の買取相場を事前に把握してから査定してもらう
車を売却する際、買取相場または下取り相場を事前に把握してから査定に臨んだ方がいい理由をお伝えします。
商用車を高く売るにはどこに売ればいい?
会社で使用している商用車を少しでも高く売るにはどこに売ればいいのかを教えます。
車の査定でマイナスになる点とは?
車を査定してもらう際、業者はあるところを見てマイナス査定を行っています。減点される箇所を事前に把握して対策しておくだけで損せずに売る事が出来ます。
車を売るために所有権解除をする方法
車を売ろうと思ったけど、車検証の名義が自分じゃない!その場合の所有権解除の方法と手順を解説します。
買取してもらえない車とは?
買取してもらえない車はどのような車なのか?自分の車は業者に受け付けてもらえるのか確認しておきましょう。