下取りと買取の違いはいたって単純明快!

下取りと買取の違いを説明した画像

 

下取りと買取はどちらも「車を売却する」という共通点を持っていますが、大きく異なる点もあります。
まず、大前提としまして「売却先」が違ってきます。

 

下取りの場合はディーラー(販売店)に、新たに車を購入する際に現在乗っている車を引き取ってもらう(売却)こととなります。
売却した車の代金は新たに購入する車の代金から差し引かれ、残りの金額を購入者が支払うシステムです。
買取の場合は、買取業者に車を売却し現金を得ます。車を売り現金を手にしたい方には、買取の方が向いているといえるでしょう。

 

大まかに分けますと、下取りと売却の違いは、
@売却先
A現金を手にできるか

 

上記2つとなります。
また、売却先などが違うことから、それぞれメリットやデメリットも異なってくるのです。

 

TVショッピングで有名な「ジャパネットたかた」さんがありますが、

 

下取りのメリット

1.年式や車種、走行距離に関係なく下取りが可能
あまりにも年式や車種が古く、沢山走っている車は、買取店に買取を断られてしまうこともあります。
しかし、ディーラーならば車種・年式・走行距離にかかわらず下取りしてもらう事が可能です。
廃車にするよりも、少しでも新車の代金に充てられるならばそのほうがお得です。

 

2.手続きが楽
下取りでは、車の売却と購入の手続きを同時に行っていきます。
仮に車を買取業者に売却した場合、買取手続きを行ったあと新たに車の購入手続きをする必要がでてきます。
新たに車を購入する予定があるならば、下取りのほうが手続きは楽です。

 

3.代車を貸してもらえる
車を売却し新たに車を購入する場合、買取にしても下取りにしても車が手元にない期間が発生してしまう可能性が高いです。
この場合、下取りならばその期間中に代車を貸してくれる事が多いので便利です。
どうしても仕事で車を必要とする方など、一時でも車が無いと困る方は代車を貸してくれる下取りのほうが売却手段として適しているかもしれません。

下取りのデメリット

1.買取店よりも買取査定額が低くなる傾向あり
下取りの最も大きなデメリットは、買取店よりも査定額が低くなってしまう可能性が高い点にあります。
買取店はオークションのみならず様々な売買ルートを持っており、査定額が下取りよりも比較的高めなのです。
買取査定額と手間や時間など、車を売る上で何を重視するかが売却方法を決めるポイントとなります。

 

2.追加パーツなどは査定に影響されない
車好きの方は、追加パーツなどで車をドレスアップしていることもあります。し
かし下取りの場合、追加パーツによる査定額のアップなどは基本望めません。
買取ではプラス査定となる可能性もありますので、カスタムを施している場合は買取での売却の方が向いているといえるでしょう。

 

3.基本的に交渉は不可能
買取の場合、他社との買取金額と競合させることにより査定額をアップさせる交渉も可能です。
しかし、下取りの場合は基本的に交渉が不可能となっているため、提示された金額で納得せざるをえません。

買取のメリット

1.選択肢が多い
買取にて車を売却する場合、複数社に査定をお願いするのが一般的です。
また、近年では一括査定サイトが発展したことにより、簡単に複数社に査定を依頼する事が可能となっています。
複数の査定結果から、最も高額な査定額を提示してきた業者を選択できるのです。そして選択肢が増える上に、競合による査定額アップも狙えるので一石二鳥となります。
下取りでは基本的にディーラーの提示に「YES」か「NO」で答えるだけなので、選択肢が多いことは買取のメリットであるといえるでしょう。

 

2.買取店が得意とするブランドならば高額査定となる可能性あり
下取りの場合、売却額がそこまで前後することはありません。
しかし、買取の場合は買取店の売買ルートなどによって得意ブランドも変わってくるため、車種によっては思わぬ高額査定となる可能性もあります。

 

3.希少なパーツなども査定額に影響
前述の通り、下取りでは追加パーツなどは査定額に影響する可能性が低いです。しかし、買取では希少パーツなども査定に反映される可能性が高くなっています。
中には、愛車に高額なオプションを追加している方もいるはずです。そのような方には、しっかりと評価してくれる買取のほうが売却方法として適しているかもしれません。

買取のデメリット

1.相場の変動に敏感
車の買取価格は相場によって変化します。
また相場は常に上下するため、少し前までは高値が付いていたモデルが、あっという間に下落してしまうこともあります。
特に、新たにモデルチェンジが行われた際などには、相場の変動に注意が必要です。

 

2.下取りよりも手間がかかる
下取りは、大部分の手続きをディーラーが行ってくれます。
しかし、買取の場合は査定の依頼から交渉、契約までやる事が多く、手間も時間もかかってしまいます。
新たに車を購入するならば更に手続きは増えますので、査定額よりも手間や時間を重視するならば下取りの方が向いているでしょう。

 

3.査定額を高望みする場合交渉力も必要となる
より高い査定額を引き出したいという気持ちは、誰でも共通にあると思います。しかし、相場以上の査定額を引き出すためには、相応の交渉力も必要となります。
勿論、ただ売却するだけを目的とするならばそのような交渉力は不要です。また、無理な交渉は逆効果となるケースもあるため、その辺の押し引きも重要となります。

まとめ

『下取り』と『買取』は、「どちらが良くて、どちらがダメ」と言い切れるものではありません。

 

大まかに分けてしまうと「手続きにかかる手間や時間を重視する方には下取り」「手間や時間をかけてでも、高額査定を望むならば買取が向いている」といえるでしょう。
車を売却する上で何を重視するかは人それぞれです。少なくとも、愛車を手放した際に後悔しない売却方法を選択したいところです!

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

車を売る際の必要書類について
車を売る際に絶対必要な書類に関して説明します。 売る業者で説明は受けますが、事前に把握しておくことでよりスムーズに売却することが出来ます。 書類の紛失等があると売却までに時間がかかってしまうのでしっかりチェックしておいてください。
誰でも分かる!車を売る際の手続きと流れ
買取や下取りで車を売る際の手続きと流れを事前に把握しておくことでスムーズに安心して売却までいけます。初めてでも、忘れてしまった方で、誰でも分かるように詳しく説明します。
車が高く売れる時期とタイミングを徹底解説
車を高く売るには時期は1月、2月?タイミングは車検前、増税や自動車税の前?または走行距離、年数?色々な情報がありますが、本当のとこを徹底解説します。
ローン途中の車を売る方法と注意点
ローンの途中だけど、売却して次の車に乗り換えたい!だけど所有権が自分じゃない!?その場合の売る方法と注意点を解説します。
車買取店で売るメリット、デメリット
愛車を買取店で場合のメリット、デメリットを事前に把握しておくことで、トラブルを防ぐことが出来てより高値を獲得することが出来ます。
車の買取相場を事前に把握してから査定してもらう
車を売却する際、買取相場または下取り相場を事前に把握してから査定に臨んだ方がいい理由をお伝えします。
商用車を高く売るにはどこに売ればいい?
会社で使用している商用車を少しでも高く売るにはどこに売ればいいのかを教えます。
車の査定でマイナスになる点とは?
車を査定してもらう際、業者はあるところを見てマイナス査定を行っています。減点される箇所を事前に把握して対策しておくだけで損せずに売る事が出来ます。
買取してもらえない車とは?
買取してもらえない車はどのような車なのか?自分の車は業者に受け付けてもらえるのか確認しておきましょう。