ディーラーの下取り査定の基準とは?

 

新車を購入するときに今乗っている車を有償で処分するという形が下取りというものでのですが、それは内部事情であって、実際には新車購入という条件付きの買取と見てもよいでしょう。
ただ、買取と大きく違うのはその車の価値を決める査定の基準です。

 

買取店ではその先の中古車市場での価値を考えて金額を決めるのですが、
下取りの場合は自動車メーカーやディーラー間で用いられている相場表なるものに該当させて金額を決めているのです。

 

その相場表というのは・・・・・
●自動車メーカーや車種
●年式
●走行距離
●グレード
●純正オプション
●ボディーカラー

 

などで構成されており、その表を見ながら基本的な下取り金額を決めるので、多少の傷みや傷などは結構無視されることが多いのです。
更に下取りというのを一つのサービスとして捉えているといった面もあり、付き合いの長い人では高めにしたり、現金一括で購入した人には高めの査定額を出したりすることもあるので、あまり一定の金額になることがないのです。
それ以外にもそのディーラーと同じ自動車メーカーの車というものもあり、買取店の査定基準とはちょっと違った考え方を持っているのです。

 

これは下取りした車を中古車オークションを介して、中古車販売店で売るという流れで売るのではなく、ディーラー間、自動車メーカーグループ内で優良中古車として販売したり、商品にならない車でも代車用の車や営業マンの営業用の車として使うことが多いので、それほど市場の人気や売買実績などにこだわらないでも済むのです。
ですから、中古車市場で大人気になっている車でも査定額は低いですし、状態がいくら良くても傷がある車と同等の価値として見られるということなのです。
逆にいえば人気のない車や傷やへこみが多かったり、内装がかなり汚れていたりという車であれば買取店での査定より高い金額が付けられるということなのです。

 

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

買取や下取りでスタッドレスタイヤがあるとプラスになる?
中古車の下取りはメーカーが違う場合でも可能?
ボロボロの車でも下取りだったら売ることが可能?
古くて傷だらけでボロボロの車でも下取りに出すことは可能?修理してから売却したほうが高く売れるの?気になる疑問を解説します。
改造車はディーラーでは売れない?
下取り査定に必要な書類
国産ディーラーでは輸入車の下取りは安い?