下取り査定に必要な書類

 

昔からある新車購入時の時の車の処分方法が下取りです。
下取りは買取店の買取とは違って、現金を手にすることが目的ではなく、新車購入時の一部に充てるためにあります。
一昔前までは車の処分といえば、中古車販売店での買取かこのディーラーでの下取りだけとなっていたので、安心を求める方や面倒臭がりの方ではそのまま下取りに出すことが多くなっていました。
現在でも買取店での査定でいい金額が付かなかった方や買取金額にあまりこだわりを持たない方であれば下取りを選ぶことが多くなっているようです。

 

ディーラーで下取りをする際も一応査定という作業を行います。
しかし、ディーラーでの下取りは主にその車の車種やグレード、走行距離、ボディカラー、オプションなどの具体的なデータだけを使って行うので、査定といってもぐるっと車を一回りして、内装やエンジン回りを確認しておしまいですのでわずか5分程度で終わってしまいます。
それこそ車を持ってきたときにちらっと見て下取り査定終了なんてこともよくあります。

下取り査定を行うのには特に必要な書類はないけれど

 

この下取り査定を行うのには特に必要な書類はありません。

 

とりあえずグローブボックスに入っている車検証だけあればことは足りるでしょう。
ただ、そこまでやるということであればそのあと実際に下取りということになるので、下取りに必要な書類を揃えておくのもいいと思います。
下取りに必要な書類は買取店で車を買い取ってもらう時と全く同じものです。
同じように名義変更をするために使うものですから同じであっても不思議ではありません。

 

まずは車検証、車の戸籍謄本です。
次に自賠責保険証明書、法律で加入することが義務付けられている自賠責保険に加入しているということの証明書です。
それから自動車税納税証明書、自動車税を納税しているという証拠書類です。

 

名義変更を自分で行うのであれば必要ありませんが、そういった手続きをディーラーにお願いするときにはすべての手続きを委任するということを委任状で証明します。
そしてその車をディーラーに引き渡しますということを証明する書類である譲渡証明書も必要です。
委任状と譲渡証明書はディーラーに定型文書がありますのでそこに署名と捺印をするだけとなります。

 

多額の金銭が飛び交う契約を行うということで実印、そしてその実印が本当の実印であるかどうかを証明する印鑑証明書も必要です。
そして忘れてはいけないのがリサイクル券、リサイクル料金を払っているという証明とリサイクル料の返金のために必要となります。
車検証と自賠責保険証明書、リサイクル券はたいがいの場合、グローブボックスの中の車検証入れに入っていると思うので特に問題はないでしょう。
委任状と譲渡証明書はディーラーにあります。

 

実印は自宅の貴重品入れの中にあるでしょう。
実際に書類を用意しなければならないのは印鑑証明書だけとなりますのでそれだけは役所に取りにいかなければなりません。

 

〜実際に下取りしてもらう際の必要なもの〜

 

車検証
自賠責保険証明書
自動車税納税証明書
実印
印鑑証明書⇒役所にて取得
委任状(ディーラーにある)