国産ディーラーは輸入車の下取りが安い

 

国産ディーラーで新車を買う時に下取りを行う方がほとんどだと思いますが、どういうわけか国産モデルより外国産車の方が下取り金額が安くなります。
これにはいろいろな理由があるのですが、ディーラーも買取店のように下取りした車を何らかの形で売却して、買取店ほどではありませんが利益を出そうとします。

 

いつまでも下取りした車を持っていても何のメリットもありませんので当然です。
そこで気になるのが外国産車の中古車価格です。

 

中古車としての販売価格が高ければ、高い下取り金額で下取りすることが出来るのですが、どうやら中古車市場では外国産車の雲行きがあまりよろしくないようで、新車の価格と比べるとかなり安い金額で売られているようなのです。
要するに国産車に比べて外国産車の価値の低下が激しいということになるのです。

国産のほうがリセールはいい

 

たとえば2012年式10000キロ前後の走行距離を持つ車で比較してみましょう。

 

車種 新車価格 買取価格相場

外国産車代表ドイツの”フォルクスワーゲン・ゴルフ”
「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」

約285万円 約120万円

国産車代表
”トヨタ”人気コンパクトカー「ヴィッツ」

約150万円 約80万円

※車体の状態、走行距離などで買取相場は変化します。
※買取店の金額ですから下取りよりはかなり高めのものとなっています。

 

これらの買取金額を比べてみると数字的にはゴルフの方が40万円ほど高くなっていますが、新車販売価格との割合を考えるとヴィッツの方は新車販売価格の半分以上の金額で買い取られている。ということは、ゴルフの方は新車販売価格の4割程度にしかなっていないのです。

 

これだけを見ても外国産車の価値が低くなりやすい傾向であることがわかると思います。
新車ディーラーは新車を販売してその利益を得ることがメインなのですが、高く下取りしても高く売れない車を好んで買うはずがありません。
これが一つの理由です。

外車を売れなくするため

 

そしても一つは外国産車の排除作戦です。
これは特に国産ディーラーが談合しているということではありませんが自然とそうなってしまったもので、要するに外国産車の下取り金額を低くすれば、外国産車を買う人が減るだろうということです。

 

自動車を買う人のほとんどの方は車に特に思い入れのない方で「この車が欲しい」ということではなく「安くて燃費が良い車でなんかないかなぁ」と思う人がほとんどでそういう人ほど「売る時に高くなればなお良し」と思っているのです。
買う前から売ることを考えているなんて少し寂しい気もしますが、実際はそうなのです。

 

こういった方たちに「外国産車は高く売れない」という意識付けをするためにそういうことをすることもあるのです。
いろいろな理由があるものです。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

買取や下取りでスタッドレスタイヤがあるとプラスになる?
中古車の下取りはメーカーが違う場合でも可能?
ボロボロの車でも下取りなら売ることが出来る?
古くて傷だらけでボロボロの車でも下取りに出すことは可能?修理してから売却したほうが高く売れるの?気になる疑問を解説します。
改造車はディーラーでは売れない?
ディーラーの下取り査定の基準とは?
下取り査定に必要な書類