自賠責保険はそのまま。任意は要連絡。

自動車を運転するには自賠責保険の加入が義務付けられており、更に補償能力を上げるために任意保険と呼ばれる自動車保険に加入している方も多いと思います。

 

もし今乗っている車を買取店で買い取ってもらった場合、これらの保険はどうすればいいのでしょうか。
まずは自賠責保険ですが、自賠責保険は車検と同様に加入している個人にかかわるものではなく、自動車にかけてあるものですから、売却して名義が買取店になったとしても車検と同様に引き継がれ、自賠責保険も自動的に名義変更されるという仕組みになっています。
ですので、自賠責保険に関しては何もしなくていいということになります。

 

一方、任意で加入した自動車保険は違います。
こちらは人間と車、両方にかかわる保険ですので、どちらかが変わったら変更手続きや解約手続きを行わなければなりません。
今の車を売って新しい車を購入する場合は変更手続き、その車を売ったらしばらくは車を買わないという方は解約手続きとなります。

任意保険は保険料の増額・減額がある場合も

 

その手続きをとるタイミングは解約の場合はもう乗らなくなった時に損害保険会社の連絡を入れます。
変更手続きの場合は新しい車が納車される日付と時間を前もって伝えておき、事務的にその日時が来れば自動車保険が切り替わるようにして置きます。
車を売却した日と新しい車が納車された日にピッタリ合わせる必要はありません。
大事なのは新しい車が来たとたんに保険の効力が発生している状態を作っておくことなのです。

 

その際、車格が大きく違う場合、たとえば軽自動車からスポーツモデルへ乗り換えたとか、BMWの7シリーズから国産のコンパクトカーに乗り換えたなど、保険料に大きな違いが生まれる場合は、保険金の返金や保険金の増額による請求というものが出ることもあります。
特に車両保険に入っている方であれば同じクラスの車でも車種によって保険料の増額・減額が起こる可能性が高くなります。

 

それから解約をした方で近い将来また車を買うかもしれないという方であれば解約手続きと同時に中断証明書というものを請求しましょう。

 

この書類は、通常自動車保険を解約して未加入になってから約一年はそれまで築いてきたノンフリートと急を保ったまま再開することが出来るのですが、それ以降の再開となるとまた6等級からのスタートとなってしまうのです。
それを防ぐのがこの中断証明書でむこう10年間はノンフリート等級を保ったままにしてくれるのです。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ