買取金額は即日即金で支払ってもらえないことが多い・・・

 

車を売る時に事前にいろいろなサイトを見てどこが一番高く売れるとか、どうやったら高く売ることが出来るのかなど色々な下調べをして、そして実際に買取店に持ち込んで査定を行い、ああでもないこうでもないと値上げ交渉をして、やっとのこと思った金額に近い査定額が出てホッとしたところで売買契約というのが一般的な自動車売買の工程になりますが、車を売ったからといっても必ずしもすぐに現金が手に入ることではありません。

 

ほとんどの買取店では翌日以降の銀行振込と形で売却代金を支払うことが多いのです。
車を現金と引き換えに引き渡したのですからその場で現金をもらわないのはおかしいことなのですが、売買契約書に中にそういった支払いのタイミングに関する事項が必ず書かれており、それに同意しているので、即日支払いを求めることが出来ないのです。
実はこれには買取店側の一種の安全策が講じられていることが理由なのです。
買取店側には、売買契約を交わした後でも再度査定をして金額を増額・減額することが法律的に許されています。
それによって増額になることはまれですが、減額になったという声はよく聞きます。

 

要するに間違って高く買い取ってしまった時の修正ができるように時間的な猶予をとっているということなのです。

 

減額になる場合というのは査定の際にオーナーが申告した内容と事実が違う時がほとんどで例えば、本当はエンジンブロックからエンジンオイルがにじんでいるのに査定時だけきれいにふき取って、オイルがにじんでいないように見せてそれなりの査定額を引き出したのですが、後から買取店が再度エンジンを覗いてみた時にエンジンオイルのにじみを発見した時とか、ボディの状態は無傷ということで買い取ったがあとからステッカーをはがしてみると大きな傷があった時など、いわゆる元オーナーの誤魔化しがあった時に再査定時に減額をするのです。

 

要はこういったことをするための時間稼ぎのためにその場で手渡しをするとか即日入金ということはあまりしたくないのです。
お金を払ってしまったらこの売買契約は完了してしまうからです。

 

 

即日払ってくれる業者もいる。

 

しかし、すべての買取店が即日支払いをしないということではありません。
堂々と即支払などとうたっているところもあるのでそういったところであれば嘘偽りなくその場でお金を払ってくれるでしょう。
例えば「ソッキン王」という買取店は、名前の通り即日即金を売りにしている買取店ですし、その他にも即現金化してくれる業者は結構あります。

 

ただし、必要な書類がそろっていなかったり、残債ローンを新たに組むなどの場合は即支払をうたっていても事務上無理ということになります。
ですから、即座に現金が欲しい場合は、事前の準備をしっかりしておくようにしましょう。
車を売却する際に必要不可欠な書類
ローンが残っている場合、車の買い換えは出来る?

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

買取業者と売買契約した後にキャンセルってできるの?
買取業者に車を売却した後に契約をキャンセルしたい!けれど契約違反で違約金が発生しないのか?ちゃんと車は返してもらえるのか?詳しく解説します。
買取業者からのセールスや電話がしつこい時の対処法
買取業者に査定を依頼したけど、売りはしなかった。けれど、そのあともしつこいセールス電話が続いてうっとうしい!そんなときの対処法を解説します。
車の査定にかかる時間はどのくらい?
忙しくてさっさと査定をしてもらいたい!査定を受けたいけど時間がない!一体車の査定にはどのくらい時間がかかるのか、実体験を元に調べてみました。
4WD車の査定額が高い理由
ランドクルーザーなどの4WDはなぜ買取金額が高いといわれているのか?海外に輸出や、雪国での需要など様々ありますがその真実を教えます。
オートバックスの車買取ってどうなの?
オートバックスで最近になって勧めている車の買取や販売について調べてみました。