買取業者と売買契約した後でもキャンセルできる。ただし注意が必要。

 

買取店で車を売ったがその買取店より高い金額で買い取ってくれる別の買取店が現れた、友達がもっと高い金額で買うといってきた、売る必要がなくなど、車を売ったすぐ後にその買取店で車を売ることをやめたいということになることもあります。
果たして、車を売った後にキャンセルすることが出来るのでしょうか。
キャンセルすることが出来る、できないはということを単純に考えればできます。
車を買取店で売るということは法律上の売買契約にあたります。

 

不動産を売ったりするのと同じということです。
売買契約には売買契約書というものを取り交わしているのでその内容に沿った形で物事が進められます。
売買契約書などしっかりと見ないでサインとハンコを押してしまうと思いますが、その契約書には必ずキャンセルに関する項目が書かれています。
ほとんどの場合は、契約締結を起点として何日後までは○○円のキャンセル料がかかりますとか、何日までキャンセルできますなどいうことが書かれています。
要するにそれに従った形であればいかなる理由であってもキャンセルすることが出来るのです。

 

違約金を払わなければいけない場合がある。

 

ただ、このキャンセルというのは、契約上は契約に違反して元として扱われ、よく言うキャンセル料と呼ばれるものは正式には違約金という、いわゆる「あなたがこの売買契約に反することをしたからお金を払ってください。そうすれば訴訟などを行いで丸くおさめてあげますよ」という内容のお金なのです。
はっきり言ってキャンセルを申し出た方が立場が弱くなります。
それに通常の商品の売買では適用されるクーリングオフも自動車の売買契約には適用されないので、あまり強く出ない方がいいでしょう。

 

ここまでは契約上の問題です。

 

 

もう一つ考えておきたいのが実際の動きからくるキャンセルの可否です。
買取店というのは買い取った後、名義変更などの事務処理を行って、それなりに整備をし、中古車オークションへの出品手続き、オークション会場への陸送、オークションへの出品、中古車販売店などによる落札という流れを追っていきます。
そうなると事実上キャンセルできるのは買取店側にまだ車がある時までということになります。

 

要するに中古車オークションへ出品するまでの間は買取店側でその車を自由に扱うことが出来るということになります。
当然、中古車オークションで落札されてしまった段階でのキャンセルは物理的にも無理ですし、それこそ裁判沙汰になりかねません。
出品前でもオークションのキャンセル費用や整備にかかった費用などが買取店側にかかってしまうのです。

 

その部分を穴埋めするのが違約金、キャンセル料なのです。
ですので、売買契約を締結してから期日が経てばたつほど違約金は高くなり、本当にキャンセルできる可能性が低くなるのです。
キャンセルできないことはありませんが、それなりの出費があること、法的に認められた契約というものに違反するという意識を持たなければいけません。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

買取業者からのセールスや電話がしつこい時の対処法
買取業者に査定を依頼したけど、売りはしなかった。けれど、そのあともしつこいセールス電話が続いてうっとうしい!そんなときの対処法を解説します。
買取金額は即日即金で支払ってもらえるの?
今すぐお金が欲しいけど買取金は即日今すぐ支払い、振込して欲しいけど可能なのか?お金が早く欲しい方に向けて解説します。
車の査定にかかる時間はどのくらい?
忙しくてさっさと査定をしてもらいたい!査定を受けたいけど時間がない!一体車の査定にはどのくらい時間がかかるのか、実体験を元に調べてみました。
4WD車の査定額が高い理由
ランドクルーザーなどの4WDはなぜ買取金額が高いといわれているのか?海外に輸出や、雪国での需要など様々ありますがその真実を教えます。
オートバックスの車買取ってどうなの?
オートバックスで最近になって勧めている車の買取や販売について調べてみました。