買取業者からのセールスや電話がしつこい時の対処法

 

自動車買取店というものが普及してからだいぶ経ちますが、一般の企業だけでなく自動車メーカーなどからも「自動車買取」という世界に参入するようになり、かなり共存競争が激しいものとなっています。
まさに戦国時代といっていいでしょう。

 

そういった激しい競争を勝ち抜くためには強力な営業力が必要になります。

 

チラシ配布からテレビCMでのイメージ戦略、他社との提携による営業力強化、オンライン一括無料サイトへの参加による間口の拡大などいろいろなことをしていますが、これらは全て実際に顧客を得る営業の裏で働く、バックボーンとして機能するだけでこれだけではより多くの顧客を得ることはできません。
そこで頼りになるのが各店舗にいる営業マンの働きです。
営業マンはただ単に入ってきた車の査定や事務手続きだけでなく、実際に顧客の獲得に奮闘しています。

 

電話で問い合わせをしてきた方への対応やそこから店舗での査定にもちこむことやオンライ無料一括サイトなどでオンライン査定を申し込んできた方に対する暫定査定額の提供から本査定へ誘導するということを行っています。
全く何も要求してこない方より客側からアクションを起こしてきた方を誘導するほうのが実際の利益につながりやすいので、こういう方には積極的な営業を行っていきます。

オンライン査定はしつこい営業に合う可能性が高い

 

しかし、それが時とて客側からすると少し過剰にだというように感じることもあります。
特にオンライン一括査定サイトなどを利用してオンライン査定を行った後などかなり厳しい営業にあうことがあります。
オンライン一括査定サイトでは、売りたい車のデータのほかにその所有者の住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人情報を入れることになっていることが多く、実際に暫定査定額の通知もそこで入力したメールアドレスや電話番号宛に行われることになります。

 

こういった激しい競争の中で営業に力を入れたいのはわかりますが、店舗での本査定への勧誘メールを毎日送られてたり、家に帰るや否や電話の猛攻撃を食らってしまってはかなりうっとおしいことになります。

 

中には本査定をすることが義務かのようにいう買取店もあるようで、しばらく間はメールチェックや電話が鳴ることが恐怖にすら感じることもあります。
こういったオンライン一括査定サイトを使った時の迷惑営業をかわすためには事前に対策を取らなければなりません。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

対象法は?

 

まずはどこかのポータルサイトなどで無料のフリーメールアドレスをとっておきましょう。
そしてそのフリーメールアドレスをオンライン一括査定サイトの申し込みに使います。

 

そしてどこかの項目に「電話連絡不要」と入力しておくこともいいでしょう。
それでも電話がかかってくることがありますが留守電機能を使ってかわすという手段を使えば負担は少なくなるでしょう。
それでもしつこくかかってくる場合は最終手段の受信拒否機能やNTTで拒否設定を行ってもらいます。

 

そのようなことをしても更に電話番号を変えてかけてくるところがありますので、そういった時ははっきりと電話をしない欲しいことと伝え、個人情報の破棄を口頭で申告します。
掃きを申告した電話番号をつかってアクセスしようとする場合は個人情報保護法に抵触することになりますのでその部分を強く言っておきましょう。

 

※ただしこの方法は、一括査定サイトによっては重大な「規約違反」となる可能性があるので注意が必要です。本当に売る気がない場合は申し込みしないことです。

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

買取業者と売買契約した後にキャンセルってできるの?
買取業者に車を売却した後に契約をキャンセルしたい!けれど契約違反で違約金が発生しないのか?ちゃんと車は返してもらえるのか?詳しく解説します。
買取金額は即日即金で支払ってもらえるの?
今すぐお金が欲しいけど買取金は即日今すぐ支払い、振込して欲しいけど可能なのか?お金が早く欲しい方に向けて解説します。
車の査定にかかる時間はどのくらい?
忙しくてさっさと査定をしてもらいたい!査定を受けたいけど時間がない!一体車の査定にはどのくらい時間がかかるのか、実体験を元に調べてみました。
4WD車の査定額が高い理由
ランドクルーザーなどの4WDはなぜ買取金額が高いといわれているのか?海外に輸出や、雪国での需要など様々ありますがその真実を教えます。
オートバックスの車買取ってどうなの?
オートバックスで最近になって勧めている車の買取や販売について調べてみました。