査定にかかる時間は10分

買取店で実際に査定作業を行うのにかかる時間は買取店のWebサイトや広告によるとわずか10分程度とかなり短時間となっています。
しかし、それだからといって「昼休みの間にちょこっと査定でも」などと考えないでください。

 

買取店で車を売るというのは本来の査定作業以外にもいろいろなことをしなければならないのです。
実はそちらの方がかなり時間がかかるのです。
車を売る時に競合させるために複数の買取店に行く人がいますがそういう人でも一日に2件から3件がいいところでそれ以上の査定めぐりは時間的に無理が出てくるぐらい時間のかかるものなのです。

 

では、実際になにをするのかというと、まず買取店に到着すると査定申込書なる書類を書かされることが多く、ここには住所、氏名、電話番号などの個人情報と車のデータ、車種名、グレード、年式などを記入します。
それに基づいて査定士が査定を始めますが、そこに至るまで10分以上はかかります。

 

査定をしている間、コーヒーなどを飲んで待っているわけですが、ここで10分から30分くらいの時間がかかります。
そして査定が出ると呼び出されて車のところへ行って、査定額の告知とそれに至った理由などが告げられます。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

結局は1時間以上はかかる

 

そこから査定額アップの交渉が始まるわけです。
車の査定額を上げるコツ
実はこの工程が一番時間がかかるところで、納得のいく金額に達するか、諦めて他の買取店へ行くかの二つに分かれます。
査定士が見つけたマイナス部分に正当な理由を言ったり、見逃している装備の追加を行ったりと早い方でもここで15分はかかるでしょう。
そして値上げ交渉を行い、他社ではいくらの査定が出たとか、アルミホイールがオプション品だとか、サスペンションがかえてあるだとかプラスになるようなことを言います。
最終的な査定額が決まったらここから手続きにとなります。

 

ここでローン残高がある車の場合はその処理や残債ローンの手続きなどを行いますが、これは結構な時間待たされることになります。
そして、査定金額と自動車税の戻り分があればその金額、手数料があればその金額も確認するのですが、その時に必ず見ておきたいのが査定額と別の計算になっているかどうかです。
悪徳買取業者では査定額の中に自動車税の戻り分などを含めて実際の査定額を高めに見せるという手段を使ってくるのでそういったことになっていないかを見ておきます。
最後に売買契約書にサインと印鑑を押して契約成立です。
それから必要書類を手渡して、売却代金の振り込み先を教えてここですべてが終了となります。
査定から売却まで少なくとも1時間〜2時間、売却に至らない場合でも1時間以上はかかるので、買取店に来るためにかなりの時間を割くことになります。
「10分で査定は終わります」というのは早い話、うたい文句であって間違ってもその時間ですべての工程が済むものではないということを理解しておきましょう。

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

買取業者と売買契約した後にキャンセルってできるの?
買取業者に車を売却した後に契約をキャンセルしたい!けれど契約違反で違約金が発生しないのか?ちゃんと車は返してもらえるのか?詳しく解説します。
買取業者からのセールスや電話がしつこい時の対処法
買取業者に査定を依頼したけど、売りはしなかった。けれど、そのあともしつこいセールス電話が続いてうっとうしい!そんなときの対処法を解説します。
買取金額は即日即金で支払ってもらえるの?
今すぐお金が欲しいけど買取金は即日今すぐ支払い、振込して欲しいけど可能なのか?お金が早く欲しい方に向けて解説します。
4WD車の査定額が高い理由
ランドクルーザーなどの4WDはなぜ買取金額が高いといわれているのか?海外に輸出や、雪国での需要など様々ありますがその真実を教えます。
オートバックスの車買取ってどうなの?
オートバックスで最近になって勧めている車の買取や販売について調べてみました。