夏になればゲリラ豪雨に大型台風、冬になればドカ雪と日本の気候は少しずつおかしくなっています。
日本の自動車メーカーが作る自動車は日本ならでは気候風土に耐えられるように作られています。
ゲリラ豪雨で大雨にあっても雨漏り1つしない、40度にも達する高温でもエアコン1つでキャビン内は快適、雪が降ってもある程度の雪であればスタッドレスタイヤやタイヤチェーンと4WDの組み合わせでなんとか走れる、氷点下になっても隙間風が入ってくることもなくヒーターでぬくぬく状態にすることが出来ます。

 

しかし、かなりの大雨が降った時や高潮や津波にあったりして車が水没しまう、がけ崩れで車が埋まってしまう、車がおおわれるほどの積雪量で車がつぶれてしまうという逃れようもない災害にあってしまっては耐久性のある日本車もさすがに太刀打ちできません。
こういった車は場合によっては廃車するしかないのですが、損害の程度によっては復活させることもできます。
廃車を自分でするときの注意点

 

ただ、その車を修理して元通りの状態に戻すにはそれこそ車一台分を買うくらいの費用が掛かってしまうこともあり、ほとんどの方は廃車する方向で考えてしまいがちです。
ちょっと待ってください、廃車を行う前にその車を売ってみてはいかがでしょうか。
修理するのも悩んでしまうほどの損害を受けてしまった車を売るだなんて考えた事もないと思いますが、実はちゃんと売るところがあるのです。

 

ただ、そこは一般的な自動車を買い取る買取店ではなく、事故車や災害にあった車など中古車業界では無価値となってしまう車を専門に買い取る事故車買取店というところです。
しかし、言葉は悪いですが、ある意味この鉄くずを買い取って商売が成り立つのでしょうか?

部品取りとして買取してもらえる

 

通常、自動車買取店は車を買い取ってそれを中古車オークションに流して売却し、その金額差で利益を上げますが、事故車や災害にあった車を買い取るところは、買取った車を「自動車」という目で見るのではなく、部品の塊として見ているのです。
要するに水没してしまってエンジンがだめになった車でも、トランスミッションやサスペンション、ボディパネルなどは無傷で使えるかもしれません。
大雪でルーフや内装がやられてしまってもエンジンは無傷かもしれません。

 

こういった業者は、大きな損害を受けている車から正常な状態になっている部分を取り外して、それを中古保守部品として販売するのです。
ただ、日本ではリサイクル法の制定のよって中古部品だからといって簡単に部品を売ることが出来なくなってしまったので、もっぱら日本車の人気が高い、ロシアは東南アジア、発展途上国などに部品を輸出してそれで利益を上げているのです。

 

こういったところであれば水没車などでも喜んで買取ってくれます。
ただ、買取店のような高額というわけにはいきません。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

傷や凹みは直してから売却したほうがいいい?
愛車を売却する時、ボディの傷やへこみはお金をかけてまで直したほうが査定額が高くなるのか?詳しく解説します。
残価設定で購入した車を売ることができる?
残価設定ローン(残クレ)で購入した車を売ることは可能なのか?その際違約金などは発生しないのか?を解説した記事です。
車を売るための費用ってかかるの?
車を売りたいけど余計な費用って取られない?査定費用、手続の際の手数料など売却の際にかかる費用について詳しく解説します。
エンジンの調子の悪い車は売ることができる?
エンジンの調子が悪くて、修理が必要だけどもう売却したい!だけど売れるのか心配・・・調子の悪い車でも売れる方法を解説します。
車を売却するときはガソリンの残量はどのくらいにしておくべきか?
車を売るときガソリンはどのくらい残しておけばいいのか?満タンにしても損した気分になるし、かといって給油ランプがつくほど空にしておくのも相手に悪い・・・そんな売却時のガソリン残量について解説します。
車を売りたいけどスペアキーを無くしても大丈夫なの?
車を売るときスペアキーって必要なのか?ないと査定額が下がってしまうのか?を解説したページです。
車を売る理由とは?
車を売る理由は人それぞれです。環境の変化、引っ越しや結婚、出産など、またはお金が必要な場合など人それぞれです。
車を売る地域によって査定額は変わってくるの?
地域によって車の査定額違いが出る事はご存知ですか?地域の気候などによって中古車の需要も変わってくるので高く売れる車種が変わってきます。 その理由を詳しく解説と対処策を教えます。
車は乗りつぶしたほうが得?それとも買い換え?
車は乗りつぶしたほうが得?それとも買い替えたほうがいい?口コミを交えながら詳しく解説した記事です。
車の査定書が必要な場合はどうすればいい?
遺産相続など、法的な手続きの際車の査定書が必要な場合があります。査定書の申請方法と取得方法など詳しく解説します。
亡くなった方の車を売るにはどうしらいい?
亡くなった方の車を売りたいけれど、名義が違うし勝手には売れない・・・親族の方や知人の方がどうしたら代理人として売ることが出来るのかを解説していきます。
15万キロ〜20万キロ乗った車を売ることは可能?
15万キロ〜20万キロの車を売る方法とその車を少しでも高く売る方法を解説したページです。
車を売ると確定申告して税金を払わなければいけないの?
車を売ると所得として扱われるの?そうなると確定申告を行い所得税を支払う必要があるのか?詳しく解説していきます。