ヴォクシー売却のツボ

更新日:2018年6月1日

「ヴォクシー」2001年(平成13年)発売開始〜現在販売中

 

 

売却・下取り相場は?
・買取相場(予想)0万円〜190万円
・下取り相場(予想)1万円〜175万円

※あくまでこの相場は予想であり中古車の状態で買取額は大きく変化するので参考程度にしてください。

 

相場の変動⇒需要>供給で相場は常に高い
中古のヴォクシーはファミリー層に圧倒的人気があり需要が高い。ただし、ライバルのステップワゴンやセレナの新型の人気に押され気味のため相場の変動を注視してください。

 

 

売却事例

●「ZS (ZRR70W)8人乗り」 2007年式(平成19年)
走行距離:約1万キロ 査定額:180万円 (2015年1月に査定)
●「Z (AZR60G)」 2005年式(平成17年) 走行距離:10万キロ 査定額:10万円 (2015年2月に査定)
●「ZS 煌III (ZRR70W)」 2012年式(平成24年) 走行距離:1.5万キロ 査定額:175万円 (2015年1月に査定)

 

売却に役立つランキング集

高く売れるグレードTOP3

高く売れるボディカラーTOP3

ついていると高く売れる装備(オプション)TOP3

 ZS 煌III ブラック 革シート
Z シルバーメタリック サンルーフ
X ホワイトパールクリスタルシャイン HID

中古車買取店側の視点からみた ヴォクシー

 

某中古車買取店の営業マンの声

 

 

新しいモデルが出ても、ハイブリッドモデルが出ても何のその、中古車市場ではヴォクシーは元気です。
もちろん新型モデルはほとんど出回っていませんので先代モデルでの話ですが・・・。

 

ヴォクシーにはノアという兄弟車がありますが、うまいことにちゃんと住み分けができてるので両車がかぶることはありません。

 

中古車でもが狙った通りの中堅ファミリーにはノア、若年ファミリーにはヴォクシーということになっています。

 

中型ミニバンは大型ミニバンのように標準で快適装備が付いているという車ではないため、オプションなどで追加された装備によって大きく買取金額が変わってきます。
特に最近は中古車市場においてヴォクシーの玉数が揃ってきたことによってより一層そういった傾向が強くなってきています。

 

高額買取されているものを見るととにかく何でもついているものが多く、電動スライドドアにしてもカーナビにしても、中にはラゲッジスペース用のフック1つで査定金額がアップしたものもあるくらい。
とにかくたくさんいろいろついているものが買取店では好まれます。

 

逆に室内が汚いのは他の車よりもマイナスポイントが高くなります。
そりゃそうです、快適を求める車でシートはしみだらけ、フロアマットが泥だらけではその車の価値を大きく下げてしまうからです。

 

オンライン無料一括査定サイトでいい金額を出してもそんな状態では暫定査定額の半分にしかならないでしょう。


ヴォクシーの売却のコツ

基本は抑えつつ、プラスアルファを狙う

中古車市場で相変わらず活発に取引されているヴォクシー、ノアとはちょっと違った動きをしています。

 

よく売れているモデルを見てもノアは定番ともいえるSグレードやGグレードがよく出ているのですが、ヴォクシーではドレスアップグレードとなるZSグレードやメッキ中心のドレスアップを施した煌シリーズの人気が高くなっています。
そうなると当然買取店でもそういったものモデルを欲しがるということになります。

 

更に高額買取が狙えるのが、両側に電動スライドドアが付いているもの、最近では軽自動車でも標準で両側パワースライドドアを装備しているワゴンモデルがありますが、先代ヴォクシーが発売された当時はまだまだ贅沢装備で、オプションで用意する程度になっていました。
それが付いているモデルはかなりの高評価で査定額もグンと上がるというものです。

 

このグレードによるものと電動スライドドアによるものは基本的のどこの買取店でも同じような評価するので、更なる高額査定を狙うにはこれ以外のところで稼がなければなりません。

 

しかし、そういったところほど買取店や査定士によって評価が町々になるもので、それこそ買取店選びが重要になってくると思います。
効率よく買取店を選ぶにはオンライン無料一括査定サイトを使うのが一番です。

 

合わせて読むと愛車が高く売れるかも!?

アイシス売却のツボ
今や影が薄くなってしまったアイシスを少しでも高く売却する際のコツを実際の買取相場や売却事例を交えて詳しく解説します。
アクア売却のツボ
新車、中古車ともに絶大な人気があるアクアを売却する際の注意点や高く売る方法を買取相場や売却事例を用いて解説していきます。
アルファード売却のツボ
新車でも中古車でもミニバンの中ではトップクラスの人気があるアルファードを少しでも高く売るコツを買取相場と売却事例を参考にして解説していきます。
bB売却のツボ
生産が終了したbBですが、未だに中古車市場で一定の人気があるので、正しい売り方で高く売ることも可能です。そのコツを買取相場や売却相場を元に解説します。
RAV4売却のツボ
RAV4中古車での人気も低迷しつつあるRAV4ですが、このサイズはSUVは一定の層に人気があるので売り方次第で高値がつくこともあります。 そのコツを買取相場や売却事例を見ながら解説していきます。
アリオン売却のツボ
中古車としてはいまいちの人気のアリオンですが、実はある理由で思わぬ高値がつくことがあります。 買取相場や売却事例を見ながら高く売るツボを教えます。
イスト売却のツボ
2016年に生産終了したイストの買取相場と高く売る為の売却のコツを教えます。あまり人気の車ではありませんが、売り方次第で高値が付くかもしれません。
ウィッシュ売却のツボ
根強い人気があるウィッシュの買取相場と売却のコツを解説。
ヴェルファイア売却のツボ
人気車ヴェルファイアの買取相場価格と売却事例などを交えて高く売るコツを教えます。
ヴィッツ売却のツボ
トヨタのベストセラー人気車のヴィッツを少しでも高く売る為のコツと最新の買取相場を詳しく解説。
エスティマ売却のツボ
長く愛されている人気のミニバンエスティマを売却相場や実際の売却事例を元に高く売るコツを詳しくお解説します。
オーリス売却のツボ
オーリスの実際の売却事例と買取相場を分析しながら少しでも高値で売却するコツを解説します。
カムリ売却のツボ
実は海外で人気が高いカムリ。売却事例を元に高く売る為にはどうしたらいいか徹底解説します。
カローラフィールダー売却のツボ
トヨタの定番のステーションワゴンを売却する際のツボをしっかり押さえて高値で売る方法を解説します。
カローラルミオン売却のツボ
カローラルミオンを最高値で売却するために、買取相場や売却事例を参考にして詳しく解説していきます。
クラウンアスリート売却のツボ
クラウンアスリートを売却する時に知っておきたい知識と買取相場を知って少しでも高値で手放しましょう。
クラウンマジェスタ売却のツボ
トヨタの高級車マジェスタの売却のコツと買取相場、下取り相場をまとめたページです。高値で売る為に是非活用してください。
クラウンロイヤル売却のツボ
クラウンロイヤルを売りたいけど少しでも高く売りたい人が見るページです。売却相場と下取り相場の傾向を参考にしてより高く売る方法を指南します。
シエンタ売却のツボ
スペイド売却のツボ
ハイエースワゴン売却のツボ
海外でも人気の高く値段も下がりにくいハイエースを高く売る為にやるべきことを、買取相場や売却事例を元に解説していきます。
パッソ売却のツボ
ハリアー売却のツボ
トヨタのSUVの中で、高い人気を誇るハリアーを高く売りたい場合は買取相場や売却事例を参考にしましょう。
プリウス売却のツボ
年間の新車売上ランキングでも毎年上位に君臨するプリウスを、豊富な買取事例を元に少しでも高く売る方法を解説します。
プリウスα売却のツボ
プレミオ売却のツボ
ポルテ売却のツボ
マークX売却のツボ
ラクティス売却のツボ
ラッシュ売却のツボ
ランドクルーザー100・200売却のツボ
ランドクルーザープラド売却のツボ
ヴァンガード売却のツボ
イプサム売却のツボ
MR-S売却のツボ
今や希少価値が高くなったトヨタMR-Sの直近の買取相場や売却事例などをからどうすれば高く売却できるのか?解説した記事です。
ハイラックスサーフ売却のツボ
IQ売却のツボ
IQを少しでも高く売る方法を買取相場や減額ポイントなどを踏まえてかなり詳しく説明します。
トヨタ86売却のツボ
トヨタ86を少しでも高く売る方法を買取相場や減額ポイントなどを踏まえてかなり詳しく説明します。
エスクァイア売却のツボ
エスクァイアを少しでも高く売る方法を買取相場や減額ポイントなどを踏まえてかなり詳しく説明します。
センチュリー売却のツボ
トヨタセンチュリーを少しでも高く売る方法を買取相場や減額ポイントなどを踏まえてかなり詳しく説明します。
ランドクルーザー70売却のツボ
トヨタランドクルーザー70を少しでも高く売る方法を買取相場や減額ポイントなどを踏まえてかなり詳しく説明します。
セルシオ売却のツボ
セルシオを少しでも高く売る方法を買取相場や減額ポイントなどを踏まえてかなり詳しく説明します。
ソアラ売却のツボ
既に生産終了したトヨタソアラを少しでも高く売る方法を多くの視点からかなり詳しく解説していきます。