車を売れば場合によって確定申告が必要です。

 

いろいろな手を使って国民から税金を絞り出そうとする国ですが、その一つに所得税というものがあります。
これはみなさんもご存じのとおり、個人が金銭的な利益を得るとその利益の金額によって税金を奪い取っていくというものです。
サラリーマンの方は会社側がすべてそういった税務処理を行ってくれるので自然と支払っていることになりますが、個人事業主やフリーランスで仕事をしている方や一定以上の利益を得た方、不動産などを売却した方などは確定申告という手段で一年間の利益を国に教えなければなりません。
要するに国が直接管理していないところで利益が出た場合は確定申告をしなければならないということなのです。
これを車の売買に当てはめてみると、乗っていた車を買取店で売却して現金を手にしたとします。

 

それによってその人は現金資産が増え、利益を得ることになりますので確定申告しなければならないということになりますが、基本的なことから言えば行う必要はあります。
しかし、確定申告を行わなければいけない場合というのは単なる利益ではなく、純利益を得た時だけなのです
要するに自動車でいうと新車を買った金額より、買取店で売った金額の方が上回った時だけということになります。

ほとんどのケースは確定申告必要なし。ただし転売目的は必要

 

例えば、今大人気となっているスズキのハスラーを購入したとします。
グレードはXターボで車両価格は1621080円をディーラーに支払ったとします。
そして数年後、新しい車が欲しくなりその資金作りに買取店でこのハスラーを売ったとします。

 

その時の売却金額は80万円となり、翌日にその80万円が自分の銀行口座に入金され、その時は一時的に利益を得たことになるのですが、この車を購入するのに160万円以上の出費があるので差し引き80万円以上のマイナスとなっているのです。
ということは純利益がないので確定申告を行わなくもよいということなのです。
たいがいの人はこのパターンになると思います。
逆に売値の方が高くなってしまった場合には確定申告をしなければならないことになりますが、業務用やレジャー用という形で使っている場合はしなくてもよい場合があります。

 

利益が出ても必ず確定申告をしなければならない場合もあります。
それはその車を転用目的で所持していたり、趣味でクラシックカーを所有していて、購入金額より売却金額の方が高くなった場合は、一つの「営業」とみなされ、確定申告が必要で、所得税を支払う必要があるということになります。
ですので、一般用途として購入した車を売ったからといって必ずしも確定申告をしなければならないということではないということです。

国税庁のHPで詳しく記載されています。(「4、所得税の課税されない譲渡所得」の部分)⇒国税庁HP

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ