傷やヘコミは直してから売却すると確実に損する。

 

車を売りたいけど、傷があるから修理工場で直してから売ったほうが高く売れるのでは
傷、ヘコミがあるから、かなりマイナス査定されそう・・・・・

 

車に傷はつきもので、売却する際はこのような心配をする方は結構多いです。
そのため、直してから売ったほうがいいのでは?と思われがちですが、実はそれは大きな間違い。

 

はっきり言いますが、
「傷やヘコミを直してから売ると確実に損します。」

 

車の傷というのはちょっとしたものでも、かなりの値段が掛かってしまうことが多く、最低でも5万円以上することがほとんどですし、10万円以上かかることはよくあります。

 

しかし、そこまで高額な修理費をかけても、その金額が査定額に上乗せされることは絶対ありません。
仮に、修理費用に15万円掛かったとしてもその15万円が査定額に上乗せされるとは考えにくいです。

 

例えば50万円で売れるだろう車に、ぶつけた傷の修理費15万円かけたとしても・・・・

 

査定額50万円+修理費15万円=65万円←なることはまずない。
査定額50万円+修理費15万円50万円←これが普通

修理して15万円も車の価値が上がることなんて、まずないと考えたほうがいいです。
もちろん、傷がある車は多少のマイナス査定はあるとは思いますがビックリするような減額はあまりないのが現実。

 

買取店にとって買取する車に傷があるのは日常茶飯事であり、それらをカバーする
・安く修理するネットワーク
・高く売るノウハウ
が必ずあります。

 

ですから、買取店は例え傷があったとしても、利益が出る車ならしっかり値段をつけてくれますし、私たちが思っているよりも気にしません。

 

傷のある車は「買取」で賢く売る。

直さない方がいいのは、分かったけど所詮傷がある車だから高くは売れないのでは?
と思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

しかし、綺麗な車両と違いちょっとだけ難あり車な訳ですから、ちょっとした工夫が必要です。

 

その工夫とは、
「複数の買取店から査定を受ける」
単純ですがこれがものすごく重要。

 

なぜなら、買取店はそれぞれ独自の査定基準を持っているため、傷に対しての評価もバラバラだからです。

・しっかりマイナス評価にする業者
・あまり気にしない業者
・傷に対して触れもしない業者

このように、ものすごく気にする業者もいれば、ものすごく気にしない業者が存在します。
それこそが、各買い取店独自ネットワーク、ノウハウの差なのです。

 

ですから、少しでも多くの買取店から査定を受けて一番高い値段をつけてくれる業者を探すことが賢い売り方といえます。

 

仮に1社だけの査定で、その業者が「ものすごく傷を気にする業者」でマイナス査定されたとしたら、それだけで数万円から数十万を損するかもしれませんよ。
傷のある車を高く売るならコチラ

 

販売店の下取りはダメなの?
傷のある車を下取りで売るのはあまりおススメしません。なぜなら販売店は、買取店と違い傷のある車を売る高く買取するノウハウを持ち合わせていないからです。
そのため、車の価値を適正に判断できず安易に大きくマイナス査定される可能性があります。
しかし、年式が古く走行距離も多く、あまりにも傷があり、買取店では値段がつかないような車であれば下取りの方が値段が付きやすいです。
もし、不安な方は買取店と下取りの両方から査定を受けて比較するといいかもしれません。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ