車の査定書は簡単にもらえない

 

自動車の価値を決めるのに良い物差しとなる買取店の査定額ですが、特に法的に正式な車の価値を知る必要がある場合もあります。
たとえば遺産相続でその車も遺産の一つとなっているときは遺産額を決定するのに必要ですし、事故を起こした時にその事故で損傷を受けたことによって、どれだけ車の価値が低くなったのかなどを知りたい時などは正しい査定額が必要になります。

それも口頭やメモ書きというものではなく、正式な書類として必要になります。

 

そういう時は買取店の査定額は使えません。

 

買取店の査定額というのはいわばその買取店の独自の価値観で割り出されたものであくまでも車の売買契約をするうえでの目安とするもので、法的に通用するようなものではありません。
それに書面して出してほしいといってもきっぱり断られます。

 

買取店の査定額というのはその車を買い取るために一つのその企業の考え方であって、他の企業に知られたくないものなのです。

 

車を売る時に高い査定額を引き出すのによく使われる他社との競合ですが、その際に「A社は150万円で買い取るといっていた」ということも実は言ってもらいたくないものなのです。
ですから、明確に書類として残るものは作りたがらないのです。

 

しかし、逆にこういった競合させるときは査定額が記載された書類がないわけですからこちらとしてもうまく利用することができます。
他の店舗に行っていなくても適当な金額を言うこともできますし、本当に他店舗に行ったとしても査定額を上げるために少し上乗せした金額で競合させることもできるのです。

正式な査定額は公的機関で

では、どうしたら正式な価値を知ることが出来るのでしょうか。

 

車の正しい価値を査定額という形で書面として残すには日本自動車査定協会で査定を行ってもらう必要があります。
※「日本自動車査定協会」とネット調べると各都道府県のサイトが表示されます。

 

ここは経済産業省や国土交通省の管理下にある部署で法的に通用する車の査定を行っているところです。
もちろん査定書という形で書類として査定額を発行してくれるのでいろいろな法的手続きなどに使うことが出来ます。

 

基本的には売上目的のサービス査定である買取店の査定金額よりかなり低い金額になります。

 

費用は一万円程度かかりますが、これしか正しい形で査定額を知る方法がないので仕方がありません。
実際の査定をしてもらうには予約が必要ですので事前に連絡を入れる必要があります。
日本自動車査定協会は各都道府県に支所を構えているのでアクセス的には問題はないと思います。

 

>>車を売るならどこがいい?トップページへ