15万キロ〜20万キロ乗った車でも売ることは可能です。ただし普通じゃダメ!

長く乗って15万キロ〜20万キロになった中古車って値段はつかないし、買取してくれないしで、むしろ廃車にするしかないんじゃ……

と考えている方は多いかと思いますが、案外そうではありません。
確かに、15万キロ〜20万キロとなればタイミングベルトの交換やミッションが故障するなどあらゆるリスクがあり需要は少ないです。
しかし、売れないと思っているのは自分だけで、そのような車でも世の中には欲しがる人もいます。
ただし!過度な走行距離ですから、もちろん普通の売り方じゃダメです。
他の車よりもかなり特殊な中古車ですから、工夫して売らないとうっかり損するかもしれません。

買取店をとにかく数当たる

過走行(15万キロ〜20万キロ)の車に査定額をつけてもらうなら、
正直言って『買取店を数当たる』という方法が一番効果的です。

 

というのも実は、買取店の中には独自のノウハウを活用して15万キロ〜20万キロの車でも値段をつけて買取してくれる業者がいますし、もちろん値段をつけてくれない業者もあります。

 

では、なぜ過走行の車でも値段をつけることが出来るのかというと…

 

海外に流通ルートがある業者であれば、海外に高く売ることが出来る。
⇒海外では日本と違い、15万キロ?20万キロ乗っていても気にせず乗り続ける習慣があり、特に日本車は故障確立が低いので重宝され、日本よりも値段がつく。

 

代車として買取してもらえる可能性がある。
⇒自社の代車として活用したいので、値段がつく可能性もあり。

 

パーツ取り車として値段をつけてもらえる可能性あり。
⇒専門業者との繋がりがあるお店であれば少額だが値段がつく可能性あり。

 

このように、色々な買取店がありますから、買取店を数当たることで15万キロ〜20万キロの車でも十分値段がつく可能性があります。
ただし、『買取店を数当たる』と言われても、実際どこに行けばいいか分からないですし自分で買取店を調べるのも面倒ですから、インターネット上で一度の申し込みで多数の業者さんから査定を受けることが出来る一括見積もりがいいですね。
一括見積もりの詳細はコチラ

 

注意!下取り査定も活用すべし

車種によっては下取りの方が値段がつくこともあるので、一括見積もり査定と並行して次の車を購入する販売店に下取り査定をしてもらいましょう。
そして、両者を比較してより高い方に売却しましょう。
しかし、車種によってはどこで査定してもらってもどうしても値段がつかないことも十分ありえますので、その時は潔く廃車をおすすめします・・・・

ハイエースやランドクルーザーは例外なく高値がつく

ランドクルーザーやハイエースは海外でも非常に人気が高く、故障・修理が少ないのでたとえ15万キロ、20万キロの走行距離でも考えられないような驚くような査定額がつくことがあります。
特にハイエースは日本でも商業車などで使われることが多く、国内であっても15万キロは普通に走っているものが多い状況を見ると、その耐久性は確かなものがあります。
また、この両者は海外のブローカーによる盗難被害が絶えないもの事実で盗難されやすい車種の上位。

 

このような車であるためハイエースやランドクルーザーは買取業者からも一目置かれ、10万キロ以上〜15万キロや20万キロであっても査定額がしっかりつくのです。