車を売る際の必要不可欠な書類をチェック

車を売る時の必要書類の画像

 

車を売却する際には必要となる書類があります。
買取店が準備してくれる書類もありますが、中には売却者が自分で用意しなくてはならない書類もあるため注意しなくてはいけません。

 

車検証などは勿論ですが、中には納税に関する書類や委任状など普段あまり手にすることのない書類もあります。
また、普通自動車と軽自動車で書類が異なってくる点にも注意が必要となります。
取得方法、紛失による再発行手続き方法、費用、保管場所をまとめましたので参考にしてください。

 

車を売る時に必要な書類一覧・取得方法

 

〜普通自動車の場合〜

(※各項目をクリックすると書類の詳細に飛びます。)

・自動車検査証
・自動車納税証明書
・自賠責保険証明書
・実印
・印鑑登録証明書
・リサイクル券

※自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合はこちらを参照にしてください↓
⇒住所変更がある方や苗字の変更がある方のみ必要な書類

 

〜軽自動車の場合〜

(※各項目をクリックすると書類の詳細に飛びます。)

・自動車検査証
・自動車納税証明書
・自賠責保険証明書
・認印(印鑑)
・リサイクル券

@車検証(自動車検査証)

 

車検証は、車の所有者が既に持っている可能性が高いです。車のダッシュボードなどを確認してみましょう。
道路運送車両法にて常に車内に保管していなければいけないので、大体の場合車内にあるはずです。

 

※万が一紛失している場合・・・

 

普通自動車は所轄の「陸運局」にて、軽自動車の場合は所轄の「軽自動車検査協会事務所」にて再交付する事が可能となります。
(近くの運輸局を探す⇒全国運輸支局等のご案内

 

●取得費用
普通自動車の車検証の取得には、再交付申請料として『300円』が徴収されます。

 

●必要書類
また、再交付時の書類として、
1.理由書
2.申請者の身分証明書
3.手数料納付書
4.申請書
などが必要となります。

 

・軽自動車の場合は?
軽自動車の車検証の再交付を行う場合も、申請手数料としまして普通自動車と同額である『300円』が徴収されます。
軽自動車の車検証の再交付に必要となる書類は以下の通りです。
1.使用者の印鑑
2.申請書
3.申請手数料
(※参照元:車検と車の手続き案内センター

 

●お店に再発行を依頼する
運輸局は平日しか稼働していませんし、近隣に運輸局がない場合だと書類等に誤りがあると余計な時間がかかります。また、書類をすべて自分で調べてそろえるのは非常に大変です。
そんな時は、ディーラーやお世話になっている整備工場に再発行を依頼することが出来ます。時間がない、自信が無い方は頼むほうが絶対に安心です。
ただし、代行料として3000円〜1万円以下のお金を支払うことになります。
ちなみに、輸入車のディーラーはもっと値段が高い場合があります。

 

 

A自動車納税証明書・軽自動車

 

自動車納税証明書とは、自動車税を納税した記録が記載されている証明書であり、毎年5月に送られてきます。
売却の際は支払いを行った領収書が必要となります。
コンビニ払いや銀行払いの場合その場で領収書がもらえますが、クレジットカードなどで支払った場合は郵送で納税証明書(領収書)が送られてきます。

 

ちなみに、自動車税を未納の場合は売ることが出来ませんので、未納がある場合は注意が必要です。

 

※万が一紛失している場合・・・

 

もし紛失してしまっている場合、普通車ならば所轄の自動車税事務所、軽自動車ならば市町村役場にて再交付を行うことが可能です。
⇒お近くの自動車税事務所を調べる

 

●取得費用
自動車証明書を再交付する場合、普通自動車の場合は『400円』の交付手数料が必要です。

 

軽自動車の場合は取得する各市町村役場にて異なり、無料の場所もあれば数百円程度の手数料がかかってくることもあります。
いずれにしても、数百円程度の費用はかかるとみておきましょう。
再発行に必要となる書類は以下の通りです。

 

『普通自動車』
1.納税証明書交付請求書
2.本人確認書類
3.認印
4.領収証書(レシート)の原本(納付後約2週間以内に申請する場合)

 

『軽自動車』
1.本人確認書類
2.印鑑
3.車検証(コピーでも可)

 

B自賠責保険証明書

自賠責証明書とは、自動車の持ち主が必ず加入しなければならない自賠責保険の保険証です。
多くの場合は、車検証などの書類と一緒に同封しています。

 

※万が一紛失している場合・・・
加入している保険会社、もしくは代理店に連絡を取り、再交付手続きをとります。

 

保険会社が不明である場合は車を購入した販売店に連絡を取り、どの保険会社に連絡を取ったらよいか訪ねましょう。
(※保険会社によっては本人が直接営業店の窓口に出向いて再発行しなければいけません。契約している保険会社に問い合わせしてみましょう。)

 

●取得費用
自賠責証明書の再交付にかかる費用は基本的に無料です。
必要書類は以下の通りとなります。

1.印鑑
2.身分証明書
3.自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書

 

C実印・認印

車を売却する場合、普通自動車の売却のためには実印が必要となります。(軽自動車は認印で可能、シャチハタ不可)
普通車は動産として国土交通省にて登録・抹消する必要があり、そのためシャチハタ印では手続きが不可能となっているのです。

 

実印とは市区町村役場で登録された印鑑のことであり、自分の住民票がある市区町村役場にて印鑑登録を行います。

 

また、印鑑登録時には以下のようなものが必要となります。
1.実印登録用の印鑑
2.身分証明書

 

●取得費用
印鑑登録を行う際にかかる費用は、各市区町村役場にて異なります。
東京都新宿区の場合、登録料は『50円』です。
場所によっては無料の県もありますが、一応費用として数百円程度の登録料を見ておくといいでしょう。
また、登録する印鑑も、100円均一など多く流通している印鑑は登録できないケースもありますが、何万円もする立派な印鑑を無理に購入することもありません。
1,000円程度の印鑑もありますので、印鑑登録を行う費用は総額で約2,000円ほどみておくことを推奨します。

 

D印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

印鑑登録証明書とは、必要書類に捺印された印鑑(実印)が間違いなく本人のものであるかを確かめること、さらに本人が必要書類の作成者であるかを確かめる書類です。
自分の住民票がある市区町村役場にて取得する事が可能であり、印鑑登録を行う際に一緒に取得しておくと便利です。

 

●取得費用
印鑑登録証明書を取得する際の費用は、印鑑登録と同様各市区町村役場にて異なります。
東京都新宿区は『300円』にて取得する事が可能ですが、県によっては若干上下します。
数百円程度の費用をみておきましょう。

 

また、印鑑登録証明書の取得には、以下のものが必要となります。

1.「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」(印鑑登録時にもらえます)
2.手数料
3.本人確認書類(不要な自治体もあり)

※本人以外の発行も可能ですが、地域によって異なるので詳しくはお住まいの役所のHPをチェックしましょう。

 

Eリサイクル券

リサイクル券とは、リサイクル料を支払った際に貰える証明書の事を言います。

 

現在では、法律でクルマの廃車・抹消・解体にかかる処分費用は、クルマの所有者がすべて負担することを義務付けられています。
そのため、クルマを購入する際に購入者は、車両代金と一緒に『軽自動車:約8,000円』『普通自動車:約10,000円』『外国者:20,000円』のリサイクル料を支払っており、このリサイクル料を支払った証明書として「リサイクル券」が発行されているのです。
そして、このリサイクル料は車を売却する際に返還されることとなっており、車を売却する際にリサイクル券を提出することにより、その金額が返還されることとなります。

 

※万が一紛失している場合・・・
リサイクル券の再発行をすることは基本的に不可能となっていますが、「自動車リサイクルシステム」のホームページにアクセスし、「リサイクル料金の預託状況」のページを印刷することで、リサイクル券の代わりとして使う事は可能となっています。
その際には、車体番号と登録番号を入力し検索していくので、事前に車検証を準備しておきましょう。
⇒自動車リサイクルシステム(ご利用可能時間 7:00〜24:00)
※「リサイクル料金検索」と記載があるボタンをクリックして検索していきます。

 

●取得費用
リサイクル券は、「自動車リサイクルシステム」のホームページからプリントアウトすることでリサイクル券の代わりとして使う事が可能です。
また、その際に費用が発生することはなく、自宅にパソコンとプリンターがあるならばいつでも発行ができます。
また、必要となる書類も車体番号と登録番号が記載してある車検証くらいです。

 

※住所変更がある方や苗字の変更がある方のみ必要な書類

 

引っ越し等で住所が変わった、結婚して苗字(姓)が変わったという方は以下の書類が必要となります。

 

●住所変更回数が1度の場合⇒住民票
●住所変更が複数回ある場合⇒「戸籍の附票」か「住民票の除票」
●結婚または離婚等の理由で苗字(姓)が変わっている⇒戸籍謄本

 

住民票、「戸籍の附票」「住民票の除票」は車検証に記載されている名前と住所が、印鑑証明の名前や住所とは異なる場合など、住所変更者で該当する対象者のみ必要となる書類です。
大多数の方は必要のない書類ですが、該当する場合は各市区町村役場にて取得しなくてはいけません。
※すべての書類は各市区町村役場にて取得可能

 

●取得費用
・住民票:300円
・「戸籍の附票」「住民票の除票」:300円
・戸籍謄本:450円
※市区町村で価格に違いがある場合があります。

 

委任状と譲渡証明書(買取店側が準備)

 

車を売却する場合、現在の所有者が新しい所有者にクルマを譲渡したことを証明する『譲渡証明書』や、名義変更手続きを買取店にお願いするための書類である『委任状』が必要となります。

 

しかし、これらの書類は買取店側が準備してくれるため、売却者が用意しなくても問題ありません。

 

〜まとめ〜売却を急ぐ方は早めの準備で対応する!

車を売却する方の中には「早く現金化したい!」と考えている方も多いはずです。しかし、書類が揃わなければ車の売却は不可能となります。

 

ですので、売却を急ぐ方は査定を依頼する前に、事前に必要書類を集めておきましょう。
そうすることにより、契約をその日のうちにでも済ます事が可能となります。

 

いずれにしても、車を売却する場合は今回ご紹介してきました書類が必要となるため、できるだけ早く揃えておくことをおすすめします。